渋滞

写真拡大 (全7枚)

年末年始の帰省ラッシュが始まりつつあります。

新幹線なら「指定席はほぼ満席」「乗車率200%」などと、車なら「○○ジャンクション付近で○kmの渋滞です」など「ああ、国民が大移動している……!」ということを感じられることがらが朝晩のニュースで伝えられますね。

しかし、疑問に思いませんか? 一般道路で渋滞する理由は「信号で引っかかるところがあるからなんだろうな〜」などとなんとなく想像がつきますが、なぜ信号が存在しない高速道路で渋滞が発生するのでしょうか。渋滞の先頭は、いったいどうなっているのでしょうか。

というわけで、関東〜北海道までの高速道路を管理しているNEXCO東日本のご担当者の方に「渋滞発生の謎」をうかがってみました!

【1】そもそも、「渋滞」の基準ってなんですか?

まず「一般道」と「高速道路」では渋滞の定義が異なります。高速道路の場合は、時速40km以下での低速走行、あるいは停止発進を繰り返す車列が1km以上&15分以上継続した状態のことを指します。

【2】渋滞の原因って、なんですか?

高速道路の渋滞は大きく分けて「交通集中渋滞」「工事渋滞」「事故渋滞」に分けられます。「工事」と「事故」はそれぞれが原因になることにより、車線数が減少することによって発生します。しかし、NEXCO東日本管内においては、渋滞原因の約7割が「交通集中」によるものです。道路の容量以上の車が集中すると自然と車間距離が詰まり、気づかないくらいのスピードダウンでも渋滞につながることがあります。

【3】「渋滞の先頭」では、いったい何が起きているのですか?

交通集中渋滞のうち、約6割が上り坂、および「サグ部」で発生しています。「サグ部」とは、下り坂から上り坂にさしかかる凹部のこと。この2か所では無意識のうちにスピードが落ち、前の車との車間距離が詰まっているので進むことができずブレーキを踏み、それがどんどん連鎖して渋滞につながっていた……ということが非常に多いです。

そして渋滞の先頭から離れれば離れるほど、なぜ渋滞しているのかわからなくなっている……。

さっきまで渋滞していたのに、ある箇所を通過すると突然スイスイ進めるようになった、という経験は誰しもあると思いますが、それはたいてい原因となった上り坂やサグ部を通過したからです。

他に多いのは、接続道路からの渋滞が19%、インターチェンジ付近でが11%となっているので、上り坂および「サグ部」が圧倒的に多い理由となっています。

なるほど、「無意識なスピードダウン」があの長い長い渋滞の原因となっていたのですね。それまで渋滞していたのに突然進めるようになったら「ここが渋滞の先頭の場所だったんだ……!」と思いをはせてみると楽しそうです。(後藤香織)

【年末年始の謎】

★【年末年始の謎】新幹線の乗車率、「150%」「200%」ってどのくらいか知ってます?

★【年末年始の謎】年越しそばを食べる理由、知ってますか?

★【年末年始の謎】一覧はコチラ!

参照:ドラぷらhttp://www.driveplaza.com/traffic/roadinfo/cause/http://faq2.driveplaza.com/faq/FaqList.aspx?sub=138

【あわせて読みたい】

※【松本モテ道】男子がゲンナリする「ドライブデート」の絶対NG行動

※【女子のリアル平均】20〜30代の女性が結婚相手に求める「最低年収」は、なんと○○万円!

※【今日のインサイト】12月13日は美容室の日。「かゆいところありますか?」ってどうして聞くの?