今年も数多くの話題が提供されたゴルフ界。その1年の振り返りとして、ALBA.Net編集部が選んだ10大ニュースをピックアップ!国内女子、男子、海外女子と続いて今回は海外男子ツアー編です。みなさんにとってのもっとも大きな出来事はどれですか?
ゴルフ界10大ニュース女子ツアー編は?香妻?さくら?
1:松山英樹、日本人史上4人目の米ツアー制覇!
6月のザ・メモリアルトーナメントで青木功、丸山茂樹、今田竜二に続く米ツアーチャンピオンに輝いた。プレーオフを前にドライバーのシャフトが折れるトラブルもあったが、帝王ジャック・ニクラスの前で鮮烈な勝利を挙げてみせた。
2:バッバ・ワトソンが2度目のグリーンジャケット
2012年のマスターズ覇者が2度目の栄冠をつかんだ。当時20歳の新鋭ジョーダン・スピースとの一騎打ちとなった最終日。序盤はリードを許すもバックナインで強さを見せつけて18番グリーンに2度目の涙を落とした。
3:マキロイがメジャー2連勝で世界ランキング1位に返り咲き
ロイヤルリバプールで行われた全英オープンに続き、全米プロゴルフ選手権も制覇。これで世界ランキング1位の座に再びたったマキロイはキャリアグランドスラム達成へマスターズを残すのみとなった。
4:タイガー・ウッズがプロ転向後初めてマスターズを欠場
デビュー以来何度もオーガスタの住人を沸かせてきた王者が初めてマスターズから姿を消した。ウッズは開幕直前の3月末に持病となっていた腰の手術。この欠場によりチケット価格や視聴率が軒並みダウンするなど影響は大きかった。
5:世界の舞台で岩田寛が躍動!WGC-HSBCチャンピオンズで3位
将来の米ツアー参戦を目指す岩田寛が、11月に挑んだ「WGC-HSBCチャンピオンズ」で大躍進。最終日を1打差の単独2位で迎えると、後半にバーディを集めて最後まで優勝争いに食い込んだ。しかしプレーオフにあと1打及ばず「眠れないほど悔しかった」と珍しく感情をあらわにした。
6:ビリー・ホーシェルが最年少で年間王者に輝く
ビリー・ホーシェルがFedExカッププレーオフシリーズを制して年間王者と10億円の特別ボーナスを手にした。これまでタイガー・ウッズらが手にしてきた年間王者だが、27歳での栄冠は史上最年少の快挙だった。
7:ライダーカップで米国選抜惨敗…主将のトム・ワトソンの采配に疑問も
米国と欧州の対抗戦ライダーカップが開催されるも、米国チームは敵地スコットランドに乗り込んだものの、3日間終始欧州チームに圧倒されて惨敗。フィル・ミケルソンらが主将のトム・ワトソンの采配を批判するなど大会後も後味の悪さが残った。
8:タイガー・ウッズが自身の大会でツアー復帰
全米プロゴルフ選手権以来競技から遠ざかっていたタイガー・ウッズが自身がホストを務めるツアー外競技のヒーロー・ワールドチャレンジで久々に公の競技に復帰した。新コーチであるクリス・コモとの初タッグ試合としても注目を集めた。
9:USGAが新たな取り組み。全米オープンと全米女子オープンを同コースで開催
パインハーストNo.2で開催された今年の全米オープン。新たな取り組みとしてその翌週には女子メジャーである全米女子オープンが行われた。メジャーを同コースで連続開催は史上初。オリンピックへ向けてのシミュレーションも兼ねているとされた。
10:シーズン序盤の主役となったのは…
無名のジミー・ウォーカーが序盤で立て続けに3勝をマークして一躍主役の座に躍り出た。米国でも驚きを持って報じられた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【米国女子ツアー編】
2014年振り返り!ゴルフ界10大ニュース【国内男子ツアー編】
米国男子ツアー今後のスケジュール
【Gボイス】2014年シーズン終了!あなたが選ぶ一番の出来事は?
初心者に送るゴルフスタートガイド!「今日、ゴルフはじめます」