能年玲奈主演の映画「海月姫」。原作は東村アキコの少女漫画。オタクオーラ全開の能年玲奈や、女装が似合いすぎる菅田将暉が楽しめる。

写真拡大

12月27日から公開している映画「海月姫」。東村アキコ原作、ノイタミナでアニメにもなった人気漫画が、能年玲奈主演で映画化された。

クラゲを愛するオタク女・倉下月海(能年玲奈)は、男子禁制のアパート「天水館」に住んでいる。アパートの住人たちはみな女オタク。鉄道オタクのばんばさん(池脇千鶴)、三国志オタクのまやや(太田莉菜)、和物&和人形オタクの千絵子(アジアン馬場園梓)、枯れたオジさまオタクのジジ様(篠原ともえ)、そして姿を現さない超人気BL漫画家の目白樹音先生……。
天水館の住人達は、「男を必要としない人生」を送る尼さんのような自分たちを称して「尼〜ず」。男っ気のない楽しいオタク生活を楽しんでいる。
ある日いつものように近所の店にクラゲを見に行った月海は、オシャレな美女に助けてもらい、天水館に泊めることに。ところがその美女は、実は男! 女装美青年の蔵之介(菅田将暉)との出会いは、月海を少しずつ変えていく……。蔵乃介の兄の修(長谷川博己)に人生初めてのトキメキを覚え、水族館で初デートをしたりする。
ところが、再開発の影響で天水館がなくなってしまうことに。現実逃避をする尼〜ずたちは、この絶体絶命の危機を乗り越えることができるのか?

登場人物はみんな「漫画みたい」。「原作に忠実」という意味でもあるし、「三次元の人間とは思えない」という意味でもある。とにかく現実味がないのだ。

たとえば主人公の月海は、ダサい格好にダサい眼鏡をしたオタク女。早口でぼそぼそした喋り方、知らない人と話すときは目が微妙に合わず、歩き方も自信がなさそう。
でも、蔵乃介に服を選んでもらって、メイクをしてもらって眼鏡を外せば、透明感あふれる超絶美少女になる。
こんな漫画みたいな設定(いや、漫画なんですけども)を実写化するのに、能年玲奈は適任すぎる。もちろんダサい眼鏡をしていても能年は美少女だが、挙動不審なオタク演技のおかげで美少女オーラが抑えられている。

蔵乃介も漫画っぽい。男の格好をすればイケメンで、女の格好をすれば美女(ちなみに「女の子になりたい男」ではなく、「女の子の格好をするのが好きな男」。男の格好をしていることも多いし、彼女もいたことがある)。
「女にしか見えない」レベルの完璧な女装は、三次元だとなかなか難しい。骨格や声の問題が立ちふさがる。では、菅田の女装はどうか?
これが、かなりレベル高い! 足が細くてキレイで、顔も小さくて肌がきめ細やか。モデル系美女の雰囲気が出ている。とてもじゃないが「仮面ライダーW」のフィリップだとは思えない(おそらく菅田、めちゃくちゃ体重を落としている)。

ほかの尼〜ずの面々もすごい。芸能人オーラ、美女オーラが完璧に消えている。
「海月姫」の番宣では、よく篠原ともえが登場している。ところが映画のどこを見ても篠原ともえが見つからない! いや、いるんだけど、まったく篠原ともえだと思えない。池脇千鶴もそう。いるのはイタいオタク女だけだ。このイタさが中途半端なイタさではなくコミカルに突き抜けたイタさなので、黒歴史を持つオタク女(私のことです)も安心して見ることができる。

主題歌や挿入曲を担当している「SEKAI NO OWARI」も、個性的な人たちだ。彼らは幼稚園〜高校の友達とバンドを組み、今は一つ屋根の下で一緒に暮らしている。そのへんのバンド漫画よりもずっと漫画っぽい。
ちなみに、「SEKAI NO OWARI」が主題歌に選ばれた理由のひとつは、共同生活する彼らが天水館の尼〜ずと重なったからなのだそう。

映画のストーリーは、リアルに考えると「そんなうまくいくわけないだろ!」とツッコみたくなるような展開を見せる。でも、そんなツッコミは無粋。だってこの映画は「漫画の世界」なんだから。
「海月姫」は、三次元の人間が演じているアニメ。いわば「実在性ミリオンアーサー」みたいなもの。現実にはありえないキャラを、現実の人々が全力で演じて、背景美術や音楽がそれを支えているから、観客が安心して没入できるのだ。

能年玲奈は二次元! 菅田将暉(女装)も二次元!!

(青柳美帆子)