“女子目線”で独断セレクト! 2014年公開の「女子的映画」必見9本

写真拡大

今年も残すところあとわずか! 光陰矢のごとしですねぇ。皆さんにとってどんな1年だったのでしょうか。

「オタク女子」のマル秘忘年会に潜入

私は茨城から都心への通勤を今年からスタートさせ、やっとこさ慣れてきたっぺっと言う感じです。通勤時間が片道2時間弱なので、iPhoneで映画をわんさかと観ましたよ。いやー、家が遠いとメリットもあるんですね(笑)

ということで、今回は、私の独断と偏見で「2014年 女子的映画」を発表。
皆さんが観たあの映画も、あなたが泣いたあの作品も入っているかも……しれませんよ〜。

■2014年は「自己解放」系映画が大ヒット!

まずは、ありのままの自分に自信を持つ、知らなかった自分のバイタリティを発見するといったような「自己解放」系映画を。

★ありのままの自分が大好き〜『アナと雪の女王』

今年はこの映画をセレクトしないと女子から後ろ指さされます。
子どもから大人まで、女性のプリンセス魂を鷲づかみにした世界的大ヒット作品。
ハロウィーンでもアナとエルサのコスプレをする人が多かったですもんね。
ありのままの自分!という名言を歌に乗せて、「今の私が最高なの!」という自信を持たせてくれました。

ディズニーの新作『ベイマックス』も楽しみですよね。今度は男の子に夢と勇気を与えてくれそうな感じがします。

★男のロマンは女子の冒険心もかき立てます『LIFE』

アナと雪の女王は女の子たちに夢をみせてくれましたが、この映画は男のロマンを描いた作品。
ベン・スティーラー演じる主人公は「LIFE」誌の写真管理をする男。彼はあることがきっかけで1枚のネガを探しに世界中を旅することになります。

男の憧れる冒険旅行を、地味で真面目に生きる主人公が体現していく様が、みていてスカッとさせるんですよ。
男のロマンと先に書きましたが、冒険したいという気持ちは女子にもあります。
この映画は「どうせ私なんて…」というネガティブ気持ちを払拭してくれるので、女子にこそ観てもらいたい1本です。

■誰か私を止めて!「ダメよ〜ダメダメ」な恋

続いては、ダメよ、ダメダメと観ている側が思わず叫びたくなる切ない恋愛映画をセレクト。

★AIに恋したっていいじゃん!『her/世界でひとつの彼女』

12月3日にブルーレイ・DVDが登場した本作は、バーチャルな恋愛を描いた異色作。

主人公の男性は、AI(人工知能)の女性に恋をしてしまいます。姿形は見えなくても、彼女と会話をしていくことで彼女はどんどん彼の好みを理解し、彼の生活に明かりを灯します。でも、それはあくまでもAIとしての機能のひとつなのですが、彼にとっては、彼女こそ自分を理解してくれる人!という運命を感じてしまうんですね。

SNSを当たり前に使っている私たちにとって、この話はけっこうリアルですよ。姿がなくてもSNSでコミュニケーションをとったほうが安心だし楽しい。そんな現状の怖さを感じさせてくれます。

それにしても、このAIの声を担当したのがスカーレット・ヨハンソンなんですが、彼女のちょっとハスキーな声がセクシーでしてね。これは夜の男性ならほれてまうわ〜と思います。

★年下男に翻弄されちゃう『紙の月』

最近、不倫がちょっとしたブーム?になっているようですが、この作品はもっと深いところをえぐり出します。
銀行で働く、主人公梨花(宮沢りえ)は、ある日年下の光太(池松壮亮)と出会い、恋に落ちます。
貧乏学生の光太の前では、羽振りのいい女を演じる梨花。でも資金が続かない。そこで彼女は禁断の手を打ってしまう。

結婚したら恋をしたらいけない。そんな常識をぶちこわす映画ですが、でも常識のラインを踏み外すとダークサイドがぱっくり口を開けて待っているんですよね。障害のある恋は燃えるっていうけど、果たしてそれは本当なのでしょうか。うーむ。恋って怖いわー。

本作は劇場公開中なので、ぜひ映画館で観て下さいね!

■凜!と生きる女を目指そう

最後は女としての生き方を考えさせてくれる作品を紹介。大人の女に近づくべく、素敵な映画をお手本にしてみましょう。

★プライド高くてすみません『ブルージャスミン』

ウディ・アレン監督作です。これは大人の女になれない人のお話です。

セレブな生活を送っていたジャスミンは、資産を全て失い人生のどん底に。そこでサンフランシスコに住む妹のアパートに転がり込みます。妹は本当に普通の一般的な生活を送る、いわゆる庶民。そこに元セレブのプライドがエベレスト級に高いジャスミンがやってきたのですから上手くいくわけがありません。

この映画、コミカルであるんですが、シニカルでもあり、意外と怖い話でもある。
お金に執着しすぎるのも良くないです。お金がすべてじゃないですよ。
この映画は、良い女になるための反面教師としてご活用ください。

★家族と仕事どっちが大事?って旦那に言われる『おやすみなさいを言いたくて』

続いては、アカデミー賞・主演女優賞の受賞経験のあるジュリエット・ビノシュ主演作。
紛争地帯で写真をとり続けている報道カメラマンのレベッカ。
夫と娘2人は、彼女が無事に帰るのを待ち続けることに疲れを感じ、長女は自閉症気味に。
レベッカは紛争地帯へ行くことをあきらめ、自宅で家族と過ごすことにする。
しかし、レベッカの心には仕事への情熱がふつふつをわき上がってきて、そんなときに取材依頼が!
彼女は果たして仕事を選ぶのか、家族を選ぶのか。

ひと昔なら「あなた、私と仕事どっちが大切なの?」って女性が男性にせまるのが常でしたが
今はその逆もあるんですね。確かに仕事が楽しいと、家のことがおざなりになりますよね。
仕事か家庭か。レベッカは果たしてどちらを選ぶのでしょうか。

現在公開中です。映画館でその結末を確かめて下さい!私もこれは劇場で観たいっ!

■2014年はなぜかNYが舞台の映画が多かった

あとは、完全に私の好みの問題ですが、個人的にはまった映画を紹介。
女子っぽいかどうかは皆さんの判断に任せますが、なぜかみんなNYが舞台になってます。
ちなみに、私はNYに行ったことがありません。だから惹かれるのでしょうか。

★ダメ男好きは必見!『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

陽の目を見ない歌手のルーウィン。一文無しで知り合いの家を転々とする日々。元カノにはバカ扱いされ、励ましてくれるのは猫だけ。
そんな彼が歌う曲は、心にぐーっとしみます。60年代のNYグリニッジ・ヴィレッジのフォークシーンの盛り上がりがわかる、
音楽好きも楽しめる、おしゃれな映画でもあります。12月3日からDVDレンタルスタートですよ!

★インドの主婦がNYで弾けます『マダム・イン・ニューヨーク』

インドの主婦がNYの親戚の結婚式の手伝いをするためにNYへと渡ります。
彼女は英語が話せず、娘や旦那にからかわれて悔しい思いをしているんです。そこでNYで語学学校にこっそり通うことに。
言葉の壁をクリアにしていくことで、彼女の気持ちも明るく前向きになります。
クラスメイトのフランス男がまたセクシーで、良い感じです。

これも12月にDVDが発売となりました!

★大人の恋愛はNYにあり!『ジゴロ・イン・ニューヨーク』

ジョン・タトゥーロが監督主演しているだけあって、彼自身がジゴロのおいしい役を演じています。
共演はなんと、ウディ・アレン!

花屋につとめる主人公フィオラヴァンテが、代々続く本屋をつぶした男友達マレーのマネージメントにより、ジゴロへと転身。
レズビアンカップルからの依頼があったりと、それはそれは儲かる商売となっていきます。
そんな中、客として知り合ったのが、敬虔なユダヤ教徒の未亡人。客と恋をしてはいけないという御法度を破りそうになるフィオラヴァンテ。はてはて、ふたりの恋の行方は?

この映画は、障害のある恋をさらりとキレイに描いている点が秀逸。ドロドロの愛憎的なんぞありません。
そこ!もっと嫉妬するんじゃないのー!と突っ込みを入れたくなるところも多々ありますが、
見終わった後に、心のどこかにあいた穴を静かに埋めてくれるような優しさが漂います。

爽快感もあり、ほっこりもできる、上質な大人の映画です。
来年2月3日にDVD&ブルーレイが出るので、ぜひ見て下さいね!

いやー、やっぱり映画っていろんな世界が垣間見れるし、いろんな感情が呼び覚まされますよね。皆さんの2014年のベスト映画は何ですか?