「青鬼」がVer.アップして再襲、映画続編にフワッティーも参戦。

写真拡大

有名フリーホラーゲーム「青鬼」の映画版続編が、2015年夏の全国公開に向けて製作されることが決定した。続編では監督、シナリオライター、キャストを一新。バージョンアップした完全新作として映画化する。

「青鬼」はニコニコ動画で火が付き、関連動画の視聴回数が5,000万超を誇る“日本で最も有名なフリーホラーゲーム”。アイドルグループ・AKB48の入山杏奈主演で実写映画化され、今年7月にわずか9館で劇場公開されると各回連日満席が続出、最終的には80館まで拡大公開となった。興行収入も約2億円超を記録している。

また、公開と同時に行われたニコニコ生放送での有料配信では、12,000人を超える視聴者数となり、ニコ生有料配信史上、最高動員数を記録。映画「青鬼」はフリーホラーゲーム映画の金字塔となった。

今回決定した待望の続編では、ファンの間で絶大な人気を誇る青鬼の亜種「フワッティー」が登場。前作とは異なる“新章”として、命懸けの「鬼ごっこ」が再び始まる。

映画「青鬼 ver.2.0」(仮題)は2015年夏に全国公開。