世界で優位に立てる可能性・・と韓国業界内に期待感、世界初のサービス商用化に「個人情報の流出防止に神経使え」「真のIT強国は...」―韓国ネット

写真拡大

韓国・聯合ニュースは28日、韓国の携帯電話会社がLTEの4倍の通信速度の「3バンドLTE−Aサービス」を世界で初めて商用化したと報じた。

報道によると、3バンドLTE−Aサービスは3つの帯域を同時に利用することで最高300Mbpsの通信速度を実現したという。従来のLTEの4倍、3Gの21倍の速度で、1GBの映画なら28秒でダウンロードが可能だ。

韓国携帯大手のSKテレコムとKTがサービスを提供する予定で、SKテレコムは29日にこのサービスに対応したサムスン電子の「ギャラクシーノート4」を発売する予定。KTの対応端末の発売予定は決まっていない。

聯合ニュースは、3バンドLTE−Aサービスの商用化について「昨年6月のLTE−A、今年6月の広帯域LTE−Aに続き、世界に先駆けて商用化した」と紹介し、サービスが「世界に広がれば、韓国製の端末や通信設備、コンテンツの競争力強化にもつながる」とその意義を強調している。

また、韓国の業界内では、今後、欧米や日本との競争が予想される第5世代移動通信システム(5G)の商用化でも「優位に立てる可能性がある」との期待が高まっているという。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。主なコメントは以下の通りだ。

「まず料金を下げてからにしてよ…」

「通話料下げろ、無駄に客をカモにしようとせずに」

「まったく…。また通信強国だ、と騒ぎそう…」

「料金もそれに合わせて2倍引上げ。5G無限料金制16万ウォン。こうなりそうだww」

「動画を数秒速くダウンロード出来たって、人生が変わるわけでも無いし、放っておけ」

「料金もLTE水準に合わせてさっさと3分の1に引き下げてみろ」

「個人情報の流出防止に神経使え」

「真のIT強国は、いつでもどこでも無料でデータを利用して配布できる環境が構築された国でなければならない」

「3Gが初めて出たときLTEとスピードが等しかった。今は体感で分かる位にLTEのスピードが以前より出ていない。これ一度調べてみろ」

「料金制がちょっと引き下げられた理由はこれだったかwww新しい料金制でまた値上げかwww」

「IT強国に何の意味が?通話料が世界一高いのに」

「これ以上速いもの要るか?一生スマホを買換え続けるのか?」

(編集 兼田)