補聴器から聞こえてきた、Wi-Fiの奏でるメロディ

写真拡大

聴力に問題を抱えたサイエンスライターが、「超人的な聴覚能力」を持つ者になった。補聴器を「ハッキング」して、街に流れるWi-Fi信号をメロディとして聞けるようにしたのだ。

「補聴器から聞こえてきた、Wi-Fiの奏でるメロディ」の写真・リンク付きの記事はこちら

フリーランスの科学ライターとして、英国の科学雑誌『New Scientist』などにも寄稿しているフランク・スウェインの聴力は、10年ほど前から徐々に低下していた。そして今年に入ってからは、とうとうiPhoneに対応した補聴器「Halo」を使うようになった。

Starkey Hearing Technologies社が製造するこの補聴器は、iPhoneからBluetoothでイヤホンに音声を転送するもので、現在市販されている補聴器の中では最もクールなもののひとつだ(文末に動画を掲載)。そしてスウェイン氏は、ふと考えた。この補聴器を使って、他の人たちにはまったく聴こえない音を聞けるようにならないだろうか、と。

スウェイン氏はこのプロジェクトを「Phantom Terrains」(幻影の地形)と名付けた。そして、サウンド・アーティストであるダニエル・ジョーンズの協力を得ながら、自分の補聴器をハッキングして、目に見えないWi-Fi信号の世界を、不思議なサウンドスケープ(音の風景)に変換できるようにした。

これを装着して街を歩けば、あちらこちらでワイヤレスネットワークが奏でる「メロディ」を聞けるようになる。このようにして、聴力に問題を抱えるスウェイン氏は、超人的な聴覚能力をもつ者になった。

ワイヤレスネットワークと音との対応は、いくつかのルールによって決まっている。たとえば、バックグラウンド層のパチパチと弾けるような、あるいはクリック音のようなノイズは、その地域でのネットワークの密度を表しており、ネットワークの数が多いほどクリック音の密度は高くなる。データには地理位置情報が含まれているため、ある特定のルーターに近付いていくと、そのクリック音の間隔は短くなる。

それらを背景として、ときどき「メロディ」が聴こえてくる。遠く離れた無線局から届く信号音のような感じだ。このメロディはネットワークIDを楽音に変換したもので、すべての英字と数字がそれぞれ違う音に対応している。ブリティッシュ・テレコムのような大手プロヴァイダーに接続する数多くのルーターのメロディは、どれも同じ音程から始まるが、続いて個別のルーター番号が出現し、それぞれのメロディも変化する。

現代人のデジタルライフ(Wi-Fi信号、衛星信号、電子メールといったデータストリームであれば何でも)は、絶えずこうしたメロディを奏でている。高帯域幅で低電力の機器(スウェイン氏の補聴器「Starkey Halo」もそのひとつ)の普及によって、これを利用した聴覚インターフェースの可能性もますます広がっていくだろう。

TAG

HeadlineNewsiPhoneMusicSoundVideoWi-FiWiredUK