2014年みんながハマったスマホのゲームアプリランキング

写真拡大

スマートフォンの普及に伴い、多くの大人たちが通勤中の電車の中や休憩中に携帯アプリゲームを楽しんでいます。中でもどのようなゲームが今年ヒットしたのでしょうか。そこで今回は、2014年にハマったゲームアプリについて探ってみました。

■2014年にハマったスマートフォンのゲームアプリランキング
1位:パズル&ドラゴンズ
2位:ディズニー ツムツム
3位:LINE ポコパン
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《パズル&ドラゴンズ》でした。社会現象にもなった通称“パズドラ”。このパズルゲームの魅力は、片手で操作できるなぞるだけのパズルを楽しめることと、自分のキャラクターを育ててゆく楽しさの両方を味わえるということ。ハマる社会人男性が続出しました。一方、お金を払って得る“ガチャガチャ”による課金問題も発生し、社会的な問題ともなりましたね。2位は《ディズニー ツムツム》でした。同じく片手でできるパズルゲームですが、何と言っても積まれているディズニーキャラクターが「可愛すぎる!」と女性人気が高いのが特徴です。3位は《LINE ポコパン》でした。こちらも同じくパズルゲーム。ウサギの住む村にやってきたモンスターを、パズルのブロックを素早くたくさん消してやっつけるというゲーム。どうやら数あるゲームアプリの中でも、パズルゲームの人気が高いようですね。
このように、上位3位までは全てパズルゲームが占めるという結果に。長い通勤電車が苦痛だった人も、アプリゲームの普及により、今ではひょっとすると絶好の趣味の時間になっているかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年12月9日〜12月11日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)