オスカー受賞で“辛い1年”に、リース・ウィザースプーンの告白。

写真拡大

リース・ウィザースプーンが、アカデミー賞を受賞後に“辛い1年”を送ったことを明かしている。

2006年、8年間の結婚生活を送ったライアン・フィリップと破局したリースは、2005年に主演女優賞を受賞したことで、キャリアが台無しになったと考えているそうだ。

米放送局CBSの番組で、アカデミー賞での成功についてたずねられたリースは「ふぅ、その後には辛い1年が続いたわね。翌年には離婚したし、気持ちを回復することだけに数年間費やしたもの」と答えた。

ライアンとの間に15歳の娘と11歳の息子を持ち、現在の夫であるジム・トスとの間に2歳の息子を持つリースだが、2012年に掲載されたメディアの記事の中で、トム・ハンクスとメル・ギブソンと共に「ダメになった」有名人として名前を上げられた時には絶望したという。

「私は他の誰かのことを書いたものだと思って読んでいたんだけど、最後のほうで、ダメになった人としてトム・ハンクス、メル・ギブソンと私が含まれていたの。すごく傷ついたわ」

そんなリースはライアンとの破局後、かなりの時間を泣いて過ごしたと、以前から明かしていた。

「キッチンの床に横になってたくさん泣いたけど、人ってある程度すると目が覚めて『よし、私はもうこんな気分でいたくないわ』って思って解決策を見出すものだと思うの。でもそれを代わりにやってくれる人はいないものよ」
「誰でも弱くなったり、悲しくなったり取り乱したり、どうしていいか分からなくなったりするものよ」