平成39年に献血者が約85万人分も不足することが判明

ざっくり言うと

  • 平成39年に、献血者が約85万人分不足することが分かった
  • 高齢化で輸血の需要が増す中、平成39年に必要量が最も多くなると予測される
  • 若年層への啓発を強化するため、呼びかけを始める

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング