貯まらない理由はこれだった!? 貯金100万円未満の人が「している」こと「飲み会」「衝動買い」

写真拡大

「貯金額だけは聞かないで!」と悲鳴をあげてしまうほど、かなりへなちょこな貯金しかできていないなら「これをしていた」せいかも? 貯金額が100万円未満の働く女性に、「これをやっているからお金が貯まらない!」と思うことについて聞いてみました。

Q.女性に質問です。あなたの貯金額を教えてください。

「100万円未満」25.8%
「100万円以上300万円未満」30.2%
「300万円以上500万円未満」21.7%
「500万円以上1,000万円未満」14.2%
「1,000万円以上」8.1%

■飲み会に行ってしまうから、お金が貯まらない!

・「飲み会代での出費。行きたくないものは断るようにと思っているが……」(25歳/電機/事務系専門職)
・「頻繁に飲みに行ってしまう」(25歳/情報・IT/技術職)

1回行くだけで、軽く3,000円以上のお金が飛んでしまう「飲み会」。二次会になだれ込んでしまったら、それだけで家計が大惨事に。つきあいで断ることができないなら、「お酒が飲めないフリ」をするのも必要かも!?

■趣味に使うから、お金が貯まらない!

・「コンサートに行く。多くて月に5万円くらい使ってしまう……あのお金があれば……」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「趣味でダーツをしているため、かなりのお金をかけていた。今はかなり減らしていってる」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「これがあるから毎日頑張れる」という趣味が、貯金人生の足を引っ張ってしまうことも。夢中になれるものがあるのは大切ですが、なるべく「お金のかからない、夢中になれるもの探し」も同時に行ってみることを、オススメします。

■欲が刺激されると、つい出費を……

・「雑誌を買う(物欲が刺激されてしまうので)」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「食べるのが大好き」(27歳/通信/販売職・サービス系)

物欲や食欲など、欲が刺激されると出費はふくらむ傾向に。特に雑誌は欲をかきたてるよう作られているため、貯金が少ないときに接するのは危険! まずは、情報の絞り込みと制限が必要かも?

■衝動買いが多い

・「最近、新車を一括で購入したのも大きいが、クレジットカードでの衝動買いが多いのですぐになくなる」(31歳/学校・教育関連/専門職)
・「洋服がほしいと買ってしまうから」(33歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

衝動買いは「今買わないといけない」とか「これを買うと、確実に何かがよくなる」という思い込みによって起こることも多いのだそう。たとえ割安でも、高価なものは即決しないことが得策。もしくは逆に「これを我慢することで、確実に貯金が増える」と考えてみましょう。

100万円未満しか貯金がない人に多い傾向、あなたはいくつ当てはまったでしょうか? ひとつでも当てはまったなら、明日から改善してみては? 来年の今ごろには、ちょっとリッチな気分で過ごせているかもしれませんよ?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数295件(22歳〜34歳の働く女性)。