潜入! 地下10mで野菜を育てるロンドンの巨大な地下農場(動画あり)

写真拡大

ロンドン郊外の地下10mにある防空壕で、マイクログリーンやハーブが水耕システムで栽培されている。水の使用量と二酸化炭素排出量が削減され、農業排水も出ないという利点がある。

ロンドン南西部の郊外にあるクラッパム・コモン駅には、地下33フィート(およそ10m)に、環境に優しい小さな農場がある。ロンドンのレストランで使用するマイクログリーン(発芽しておよそ2週間〜1カ月ほど経過した状態のもの)が育てられているのだ。

「潜入! 地下10mで野菜を育てるロンドンの巨大な地下農場(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

この農場は、最後に使用されたのは第2次世界大戦中だという防空壕にひっそりと存在している(大戦時には8,000人を収容できる防空壕として使用されていたが、それ以降は使われていなかった)。農作物は年間を通してLEDランプによって成長し、気候の影響を受けない。

このプロジェクトは今年はじめ、食品に関連して生じる水の使用量と二酸化炭素排出量を削減する目的で立ち上げられた。

(関連記事)地下トンネルが農場に。ロンドンの巨大シティファーム計画

ロンドンを拠点に活躍する映画制作者のエルヴィナ・ネヴァルダウスカイトはこのほど、地下にカメラを持ち込み、この不気味で画期的な農場を短い動画として公開した。

この農場では、土を使わず栄養分に富んだ溶液で作物を成長させる水耕システムを使用している。これにより水の使用量が最大70%削減され、閉ざされたループで稼働するので農業排水も出ない。ロンドン中心部に近い郊外を拠点としているため、レストランに配送する際の二酸化炭素排出量も非常に少ない。

ここで育てられているのは、マイクログリーンと通常サイズのハーブのみだ。現在はラディッシュ、豆苗、クレソン、ルッコラ、コリアンダー、カラシナなどが栽培されている。

この農場を運営しているのはスティーヴン・ドリングとリチャード・バラードだが、ミシュランの星を獲得している有名シェフのミシェル・ルー・ジュニアもサポート役として参加している(クラウドファンディングで58万ポンド(約1億円)の調達に成功した)。

TAG

UndergroundFarmVideoWiredUK