奈良・橿原神宮が『境界の彼方』痛絵馬を頒布―1月1日0時から

写真拡大

奈良県橿原市の橿原神宮が、アニメ『境界の彼方』の絵馬風飾り(通称:痛絵馬)を1月1日0時から頒布する。

【関連:『らき☆すた』原作者・美水かがみ先生の痛絵馬を発見!聖地鷲宮神社へ初詣】

『境界の彼方』痛絵馬

当初数量は500で、価格は2000円。取り扱い場所は橿原神宮内の外拝殿前臨時授与所(奈良県橿原市久米町934番地)となっている。

『境界の彼方』は京都アニメーション制作で2013年に放送されたアニメ。作中、橿原市の久米町周辺の風景が劇中の背景に多数使用され、橿原神宮においても境内の深田池周辺が背景として使用された縁から、2015年に『劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE-』が公開されることのヒット祈願、そして地域の活性化につながることを期待しこの絵馬風飾りが作成された。

なお、今回の絵馬風飾りは希望者多数の場合、期間をおいて数量を増やし頒布される場合がある。そのため数量限定にはなっていない。