退職決意までの思いを明かした枡田絵理奈 (C)oricon ME inc.

写真拡大

 25日にプロ野球広島の堂林翔太選手(23)と入籍したTBS枡田絵理奈アナウンサー(29)が26日、同局内にある自身のブログを更新。退職を決意するまでの思いをつづった。

【貴重ショット】私服は“足出し”スタイルの枡田アナ

 枡田アナは改めて入籍を報告するとともに「まっすぐで、愛情深く、家族や仲間を大切にする人なので、きっと穏やかで幸せな家庭を築けると思います」とつづると「今回、一つの決断をしました。彼が広島を拠点にしていることもあり、そばで支えるために、春にTBSを退社することになりました」と報告。

 「昔からの夢だったアナウンサー」を辞めることには「自分が思い描いていたよりも何倍も楽しく、幸せな毎日を過ごすことができました」と充実したアナウンサー生活を振り返り「自分の人生をずっとTBSと歩むと思っていましたし、定年退職まで会社にいるものだと思っていました」と心境を吐露。

 だが、堂林選手と出会い、彼の夢を叶えることが“もう一つの夢”という枡田アナ。堂林選手については「とても真面目で努力家です。休みの日も、試合の後も、もくもくと練習をし、怪我や困難に直面してもひたむきに努力を続ける」という姿勢に惹かれたといい、「これから先、彼が、出せる限りの全ての力を出しきれるように、野球に集中できるように、手伝いたいと思うようになりました。だからこそ、退社を決意しました」と明かした。

 続けて「私にできることはほんの少しかもしれません」とした枡田アナだが「でも、私自身も、できることを精一杯やって、彼の野球人生、サポートしていければと思っています」と決意。最後は「もちろん、アナウンサーとしても、毎日を大事に、努力していきますので、変わらぬ応援をしていただけたら嬉しいです」と呼びかけている。

 なお、26日朝に放送された同局の情報番組『いっぷく!』で年内での同番組の降板、来春のTBS退社を発表しているが「他のレギュラー番組は、まだ卒業の日程は決まっていません」と具体的なスケジュールは未定としている。