野菜を多く食べる男性の下部胃がんを発症する割合が低いと判明

ざっくり言うと

  • 野菜を多く食べる男性は、下部胃がんを発症する割合が低いと発表された
  • 最も少なかった男性に比べ、発症の危険性が78%も下がったという結果に
  • 男性より野菜を多く取る女性については、差が見られなかったとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング