受信時最大150Mbpsの高速データ通信に対応したKDDIの「4G LTE」無線基地局の稼働数が2万を突破した(写真:KDDIの発表資料より)

写真拡大

 KDDI・沖縄セルラーは26日、「4G LTE」の通信ネットワークにおいて、受信時最大150Mbpsの高速データ通信に対応した無線基地局の稼働数が、25日に2万を突破したと発表した。

 受信時最大150Mbps対応基地局に関しては、2013年10月より一部のエリアから導入を開始し、2014年5月には、LTEの次世代高速通信規格LTE-Advancedの技術である「キャリアアグリゲーション」の導入により、急速に基地局数の拡大が行われている。利用可能エリアの詳細については、auホームページで知らせている。