写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クリスマスといっても、特に何をするわけでもなく仕事をしていた。男同士で、「クリスマスなのに」と言いながら、楽しく飲んでいた。という男子のみなさんも多いのではないかと思われます。

クリスマスは何事もなく通り過ぎていったけれど、カウントダウンとかお正月くらいは、女子と楽しく過ごしてみたい。気になるあの子、好きな彼女と年末年始にちょっと出かけてみたい……と思う男性も少なからずいるはずです。

今日は、女の子からさりげなく年末の予定を聞く方法及び、できることなら年末年始に女の子とお出かけする方法について考えてみることにします。

年末年始は、なんとなく家族で一緒に過ごすもの、大切な人と一緒に過ごすものという雰囲気があって、相手のスケジュールや都合を聞くのが悪いような、どうせ忙しいに決まっているような、そんな気がするものです。

とはいえ、大晦日と元日くらいは親と過ごさなくてならないものの、それ以外の日は意外とヒマである。また、「彼氏のひとりやふたり、いないのかしら?」「彼氏でも連れてくればいいのに」などと親に言われて居心地がよくないという女子もいるかもしれません。もしくは、実家に一応帰省するけれど、仕事が始まる二日前には帰ってくるという女子もいるものです。

ですから、年末年始だからと遠慮せずに気になる女子の予定を、聞くだけは聞いてみるといいと思います。女の子の予定を聞く大前提として、いきなり相手の女の子の予定を聞くのではなく、まずは自分の予定を先に話してしまうことが大切です。

「今年はオレ、正月に実家に帰省せずにこっちにいるんだけど」

「年末に家にいると大掃除だの買い出しだの手伝わされるし、正月に家にいると親戚に飲まされるし、ゆっくりできなくてホントつらいんだよね」

「カウントダウンにどこかへ出かけたこととかなくて、年末はヒマなんだよね」

というように、最初に自分は年末年始もヒマだということを先に話してしまいましょう。

女の子からすると、周囲の人たちが自分に彼氏がいないことを知っていて、ヒマ人だと思われたくない。彼氏がいない上に、女の子の友だちも少なくてリア充できてないと思れわたり、決めつけられたりしたくない……と考えている人はわりと多いものです。

ですから、自分は年末年始にヒマであると話す前に相手の予定を聞こうとすると、「友だちと旅行するの」とか、「いろいろ忙しくて」と、予定が埋まっているアピールをされてしまう可能性があります。

まずは、男性が自分からヒマなんだーと言ってしまえば、女の子としても、「私もヒマなの」と言いやすくなる。ですので、まずは先に自分は年末年始もわりと時間があるということを女の子に告げてしまうのが得策です。

しかし、むずかしいのはここから。相手の女の子にも年末年始に空いている時間があるということがわかったとして、オレと一緒にどこかへ出かけませんか? と誘ってみるのがむずかしいと思う男子は多いはずです。

それでは、どんなふうに誘えば断られにくくなるか? OKをもらいやすくなるのか考えてみると、

◯ふたりきりではなく、男女あわせて何人かで出かける提案をする。

◯時間を限定する。

◯女の子が興味を持ちそうな場所へ行く。

といいと思います。たとえば、

「友だちのAくんが、一度だけでいいからあそこのテーマパークのカウントダウンがどんなものなのか行ってみたいと言い出して。男だけだと恥ずかしいから、一緒に付き合ってくれない? Bちゃんの友だちも誘って」と声をかけてみる。

「去年、姉貴に子どもが生まれてさ。女の子なんだけど、正月に姪っ子と会うから何か買ってあげたいんだ。女の子が何をあげたらよろこぶかわからないから、ちょっとだけおもちゃ見るの付き合ってくれないかな?」

「知らなかったんだけど、来年厄年らしいんだよね。厄除けしといたほうがいいとか言われたんだけど、どこに行けばいいやら…。時間あるとき一緒に付き合ってくれる?」

「友だちが最近彼女できたばっかりで、友だちにも幸せをわけないとみたいになっててさ。ひとりでさみしいだろうから、初詣にオレもふくめて3人で行こうとか言い出すし。オレひとりじゃふたりのじゃまだから、一緒に初詣付き合ってくれない?」というような誘い方をすると、相手の女の子も断りにくくなると思いますし、行先に興味ももってくれると思います。

できれば、年が明けてからの約束を取り付けるのではなく、年内に一度会っておいて、そこでお正月の約束もしてしまうのがベストです。ですから、初詣に行く約束を取り付けたなら、

「初詣って、どこに行くのがいいのかな? オレのうちは××なんだけど、Cちゃんのうちはどのへん? あ、ここで立ち話もなんだから、メシでも食いながらどこ行くか決めない?」

というように、年内も出かけちゃう予定をつくってみるといいでしょう。

そして、女の子と年末年始に出かける予定をつくれたあかつきには、外出の際に女の子をいろいろ気遣ってあげることが大切です。

カウントダウンイベントなどで、屋外にいることが多い場合、大きめの魔法瓶に温かい飲み物をいれて持っていく。ひざかけやブランケット、女の子に貸しても大丈夫な暖かい上着などを持参する。座る場所がなかなか見つからず、立ちっぱなしになりそうだったら、折り畳みの簡易イスなども持っていくといいかもしれません。さらに、「ちょっと、お手洗いに……」となかなか切り出せない女の子もいますので、「オレ、トイレ行くけど」と先に切り出す。

こういったやさしさを女の子に見せることができると、また次も一緒に出掛けたいと思われること請け合いです。年末年始、ひとりで過ごすかも……う、ちょっとさみしいという男子は、思い切って女の子の予定を聞いてみてもいいかなと思います。

ではでは、みなさま、よいお年をお迎えください。

酒井冬雪です。あっという間に一年が終わってしまった……と毎年言っている気がします。寒い季節ですので、風邪などひかないように元気にお過ごしください。では、また来年!

(酒井冬雪)