写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テレビ東京系にて毎週金曜日に放送されているTVアニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』の前半クールが終了し、12月26日25:23より特別編が放送されることが明らかになった。

「饗応-DAYBREAK-」と題された特別編では、浪川大輔、堀内賢雄、朴ロ美、野村勝人といったメインキャストを務める4人の声優陣が、豪華な石狩鍋を囲みながらアニメ前半クールを振り返るという内容。番組は全員の乾杯から始まり、今までの映像を観ながら「キャストから見たキャラクターの印象」や「お気に入りのセリフ」「キャストが選ぶ名シーン」など、それぞれの視点でこれまでのストーリーやアフレコの思い出が語られる。

番組の中で堀内は、自身が演じるヘルマン・ルイスを"理想の父親像"と表現しつつも「裸になりすぎ!」と笑いを誘い、朴も「裸のシーンにこそ『牙狼』の素晴らしさが集約されている」と熱弁。一見優秀そうなアルフォンソ・サン・ヴァリアンテを演じる野村は「ここから苦しみますから」と謙遜。そして主人公レオン・ルイスを演じる浪川は「叫ぶシーンが本当に多かった」と作品を振り返りながら、堀内とともに"魂の叫び"を実際に再現してみせる場面も。番組の終盤では、後半ストーリーの重要な鍵を握る某キャラクターについても語られるという。

新章となる第13話の放送に先がけて、後半クールの新しいキービジュアルも公開。今回キービジュアル構成を手がけたのは、ラファエロ役として本作にも出演するイラストレーターの天神英貴氏で、中央の魔戒剣を境に、俯いて己の手を見つめるレオンとペンダントを胸に遠くを見つめるアルフォンソ、互いに憂いを秘めつつも対照的な表情が描かれている。また、彼らを見守るかのようなヘルマンやエマ、見慣れぬ新キャラクターと思われる女性2人の姿も。なお、12月26日より公式サイトもリニューアルされている。

そして、12月28日〜30日に東京国際展示場(東京ビッグサイト)にて開催される世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット87」の企業ブースに『牙狼<GARO>』が初出展することも明らかに(西館4F、No.233)。当日は『炎の刻印』などの牙狼シリーズのグッズが先行販売されるほか、牙狼もブースに来場するという。さらに、2015年1月3日13:00からは、動画サービス「ニコニコ生放送」にて「『牙狼<GARO>-炎の刻印-』1話〜12話一挙放送」も予定されている。

『牙狼<GARO>』シリーズは、派手なアクションと雨宮慶太監督が生み出す独特の筆文字を取り入れたスタイリッシュな映像と最新のCG/VFX技術を駆使し、独自の歴史を作ってきた大人のための特撮ドラマ。これまでにTVシリーズ4作品、劇場用映画3作品のほか、スペシャルドラマやスピンオフ作品が制作され、現在は「魔女狩り」が行われていた中世ヨーロッパを舞台に、黄金騎士の血を引く少年レオン・ルイスと国を追われた王子アルフォンソを描いたTVアニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』がテレビ東京ほかで放送中。2015年3月28日からは特撮作品『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』が全国公開され、同作のTVシリーズが2015年春よりスタートする。

(C)2014「炎の刻印」 雨宮慶太/東北新社