STAP細胞問題 新たな不正は「氷山の一角に過ぎない」

ざっくり言うと

  • 理研の調査委は小保方晴子氏による図表2件の捏造があったと新たに認定した
  • 実験にはほとんどデータが存在せず、証拠がないのも複数浮上
  • 調査委は不正について「氷山の一角にすぎない」と断じた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング