【アギーレジャパンとの遭遇〜世界へ挑む男たち・鈴木大輔(後編)】

 2014年10月28日、千葉県柏市。鈴木大輔は駅前に建つビルにある和牛ステーキ店に入った。愛用するキャップを脱ぎ、艶(つや)のある髪をひとかきし、ゆったりと席に座る。メニューをしばし真剣に眺め、ビーフシチューと迷いつつ、ランチセットのステーキ丼を大盛りでオーダーした。

 大きな窓の下には柏の町が広がり、太陽はまだ天高くにあった。

「今は76kgなんですけど、80kgまで増やそうかなと思っているんですよ。体をでかくしても、今と同じように動けるように」

 鈴木はそう言って背筋を伸ばした。

 その2日前、仙台に遠征したベガルタ仙台戦では警告を受け、累積により次節は出場停止だった。チームは後半アディショナルタイムの得点で劇的な勝利をしていたが、個人的には苦さが残っていた。2試合前の鹿島アントラーズ戦で2枚のカードを提示されて退場を言い渡され、1試合出場停止が明けたばかりだった。

 鈴木はセンターバックとして闘志を表に出すタイプながら、クリーンファイトに特長がある。過去3シーズン、リーグ戦では1シーズンで1枚、4枚、2枚と、平均約2枚の警告だった。これは守備能力の高さの証明だろう。

<それが2試合で3枚のイエローって、ありえないっしょ>

 鈴木は自分を責めた。

「もしかすると、代表から戻ってのJリーグの試合で気負ったところがあったのかもしれません」

 彼はコップの水を飲み干し、店員にお変わりを頼んだ。

 10月、彼はアギーレの率いる日本代表に緊急招集された。招集されていた選手のケガによる"補欠"だったわけだが、本人にそんな経緯は一切関係なかった。

「選ばれた限りは、出るための準備をし、出られなくてもやり続けるだけ」と腹を決めていた。10日のジャマイカ戦は出場機会がなかったが、シンガポールに遠征した14日のブラジル戦は、アディショナルタイムを含めてわずか9分間だったものの、貴重な出場機会を得ている。

「自分としては、ブラジル戦が今年一番に悔しい経験でしたね」

 彼は苦いものを飲み込むように振り返っている。

「試合に出してもらう以上は、"できるだけのことはしよう"と思い、それはできた気がするんです。でも、あの時間なんで、ブラジルも"もういいっしょ"という感じで流していた気がするし、どこまでアピールになったのか......そこは疑問ですね。選ばれた以上、自分は頭から試合に出るために練習から最大限にアピールしていたつもりですが、力が足りなかったんだと思いますよ」

 軽く眉を動かした。

「ブラジルは外から見ていても"個"が強烈でしたね。トップの選手は中盤やサイドに落ちたりしていたから、"最終ラインはもっとこまめに上げて、ギャップを作らないようにしないと"なんて考えていました。もちろん、あの舞台で自分に何ができたか分かりません。でも、もし何もできなかったにしろ、"あのブラジルを相手にちんちんにやられてみたかった"というのはあります。そういう相手と戦ってこそ持って帰れるものがあったように思うから。その悔しさを感じられなかったのが悔しい」

 冷静な洞察だった。柏に合流した後、その気持ちが逸(はや)っていたとしても不思議ではないだろう。

 優れたアスリートは熱気の中で最大限の力を出す。アドレナリンの分泌で、交感神経が刺激された状態になる。運動器官に血液が大量に供給され、痛覚はいくらか麻痺し、肉食動物が捕食するときに似た攻撃性を発する。

 スペイン語にRABIAという言葉がある。怒り、激怒、憤激、という意味だが、サッカー選手はこうした感情を敵にぶつけられないと、ピッチには立ち続けられない。常人が持て余すようなRABIAを制御できる選手だけが、一流の域に入れる。

 ただし、その制御を少しでも誤ると、怒りの刃は自分に返ってくる。例えばレアル・マドリードのぺぺは世界屈指のセンターバックだが、しばしばRABIAの制御を失い、荒っぽいチャージでカードをもらうことも少なくない。

「(鹿島戦の2枚目の警告は)自分のミスからショートカウンターに持っていかれそうになったんです。頭の中では、"イエローもらっていてリーチだぞ"というのは分かっていたんです。でも、足を引っ込められなかった。"それでも前に行かせたくはない"って。それで自分が退場になって10人にして、チームに迷惑をかけているわけで、良いはずはないんです。だけど、そこで止めるのっていうのも"めちゃ俺っぽいな"とも思うんですよ」

 鈴木は決まり悪そうな苦笑を浮かべた。"センターバックとして、自分のミスで相手を好きなようにいかせない"という守備者の気骨だ。ミスの重大さを、彼は胸に刻みつけている。一つ一つのプレイを糧にするしかないのだろう。

 その学習能力の高さは、イノベーションと表現しても大げさではない。オペレーションの成功と失敗の連続が、才能を革新させる。簡単に聞こえるだろうが、失敗から学べている選手は多くはない。

 例えばロンドン五輪、鈴木はモロッコのFWノルディン・アムラバト(現マラガ/スペイン)とマッチアップしている。体をぶつけてもビクともせず、「やばい」と焦った。食いつきすぎると別格のスピードで裏をとられそうになる。アムラバトとフェンロ(オランダ)でチームメイトだった吉田の忠告を受け、間合いを一新。即座に対応を変えることで、何とかしのげた。試合中の発見が楽しかった。

「FWから見ても、大輔はここ数年でレベルアップしていると思いますよ」

 そう説明したのは、同じ柏に所属し、日本代表としても共に戦っている工藤壮人だ。

「アジア大会(2010年)や五輪代表で一緒にやっていた頃は、それほどインパクトのある選手ではなかったんです。でも柏で試合を重ねる中、どこで(チャージに)行くべきか、行かないべきか、とかの見極めが格段に良くなった。元々、勘の良さというか鋭さというかはあって。例えば50対50のボールに対して、敵よりも少しだけ先に早く触って体ごと潰せる。それもノーファウルで。それはチームメイトとして頼もしいですよ」

 鈴木は今も自分に技術があるとは思っていないが、それによってへこたれてもいない。失点したら、責任を感じる。ただ、ディフェンダーはやられた経験を二度と繰り返さない、という部分を積み重ねていくしかない部分もある。やられるパターンを研究し、対処法を作り出すしかないのだ。

<最高のセンターバックになるには、やられる経験も欠かせない>

 鈴木はその居直りを道標にしている。

「相手の動きやパターンを読むというのは大事だと知っているんですが、今は"隙が見えたら潰そう"と心に決めています。(柏で2年目の)今シーズンはコンスタントに90分間でられるようになりましたね。だから、自信を持ってプレイできるようになりました。昨シーズンは周りに気を遣っているところもありましたが、今は自覚を持ってラインをコントロールできるようにもなっていますよ」

 大胆な戦いを挑むことで、見えてくる守備者としての間合いがある。

「さらにレベルアップするには? 難しいですね。例えばゴール数はわかりやすい自分のアピールにはなるかもしれません。セットプレイでの"ゴールに入れるヘディング"の技術を上げるとか。そうやって代表に定着することで、また成長できる機会が巡ってくるかもしれない。センターバックである自分にとっては、相手のボールを奪うところが一番。相手との単純なぶつかり合いだったり、そこは追い求めたいし、絶対に負けたくはないですね」

 鈴木はどこか、カルレス・プジョルの面影と重なる。FCバルセロナ、スペイン代表のディフェンダーとして敵に立ちはだかったプジョルだが、育成環境には恵まれていない。14歳になるまでは運動靴でプレイしていた。学校の仲間で作ったチームで地域大会に優勝し、どうにか地域選抜に選ばれたが、カタルーニャ地方の片田舎の選抜チームでさえ、ユニフォームも渡されなかった。

「目にモノ見せてくれる!」。彼はその反骨心を力に換えた。17歳でバルサに入団したときも自他共に認めるチーム一下手な選手だったが、目の前の敵に食らいつき、活路を開いていった。プロデビュー後も劣勢に立たされることはあったが、むしろそのやりとりの中で気力を充実させ、戦いの中から成長を遂げた。奮励努力。専(もっぱ)らそれのみで一流ディフェンダーとなった。

「偉大な選手たちとの"立ち合い"の数々が、俺を成長させてくれたのさ」

 プジョルの言葉である。

 鈴木は駆り立てられるように、一途に前に進む。自らの可能性を疑わずに。打ちひしがれる試練は望むところだ。

「可もなく不可もなく、みたいな感じで、俺はいたくないんですよ。自分は悔しさがあるからこそ上に行ける選手だと思うから。ちんちんにされるという経験は、全然ウェルカムなんですよ」

 彼は大真面目な顔をして言った。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki