『忘れないと誓ったぼくがいた』 ©2006平山瑞穂/新潮社 ©2015「忘れないと誓ったぼくがいた」製作委員会

写真拡大

村上虹郎と早見あかりの主演映画『忘れないと誓ったぼくがいた』の公開日が、3月28日になることが判明。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

【もっと写真を見る】

同作は、『ラス・マンチャス通信』で『日本ファンタジーノベル大賞』を受賞した作家・平山瑞穂の同名小説をもとにした作品。大学受験を控えた高校3年生の葉山タカシと、会った数時間後には会った人の記憶から消えてしまう少女・織部あずさの恋愛が描かれる。

自分だけは絶対にあずさを忘れないように奮闘する主人公・タカシ役を演じるのは、『第67回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に出品された河瀬直美監督『2つ目の窓』で俳優デビューを果たした村上虹郎。あずさ役は、耶雲哉治監督『百瀬、こっちを向いて。』で映画初主演を飾った早見あかりが演じる。さらにキャストには、西川喜一、渡辺佑太朗、大沢ひかる、池端レイナ、ちはる、二階堂智、山崎樹範、ミッキー・カーチスらが名を連ねている。メガホンをとったのは『ベロニカは死ぬことにした』『センチメンタルヤスコ』などを手掛けた堀江慶。

また、同作の主題歌がクリープハイプのアルバム『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』に収録されている楽曲“2LDK”になることもあわせて発表された。