STAP細胞の証拠は全てがES細胞の混入だったと理化学研究所が会見

ざっくり言うと

  • STAP細胞とされたものはES細胞混入の可能性が高いとして、理研が会見
  • 調査委員会は「論文は否定された」とし、STAP細胞の存在を否定した
  • また「過失と言うより誰かが故意に混入した疑いを拭えない」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング