急速な円安進行でFX(外国為替証拠金取引)投資が活況を呈している。そうした中で大きな利益を出すにはどうすればよいか。カリスマFXトレーダー・羊飼い氏が、自らも実践して成功した、週またぎのチャートの「ギャップアップ」を利用したFX投資術を解説する。

 * * *
 2014年10月31日、日銀の追加金融緩和発表でドル/円相場は急上昇し、約7年ぶりの円安水準となる新しい局面に入った。この相場で大きな利益を取れたFX投資家もいるだろうが、あまりにも激しい上昇ぶりに手を出せなかったという人もいるかもしれない。

 羊飼いはこのとき、普段のトレードスタイルとは少し異なる「ある方法」で利益を出すことができた。もちろん必ず成功するとは限らないが、今回はこのトレード術を紹介しよう。

 普段の羊飼いはスキャルピング専門なので、ポジションを持ったままその日の取引を終えることはほとんどない。特に金曜日の場合は、市場が閉まっている土日に相場を動かすニュースが出てくる可能性もあるので、持ち越すのはリスクが高いと思っている。

 しかし、ある「条件」に合致したときだけは、ドル/円の買いポジションを持ったまま金曜の取引を終え、週明けまで持ち越すことにしている。この条件がそろうと、かなりの確率で週明け月曜の朝のチャートは窓を大きく開けてギャップアップするのだ。今回の「ハロウィン緩和」でも、これが見事に的中した。

 週末に持ち越す条件は、次の3つだ。第1に、「ドル/円相場に強い上昇トレンドが発生していること」、第2に「ニューヨーク株式市場が上昇して引けていること」、第3は、「週末に相場を左右するようなイベントが予定されていないこと」である。ドル/円のトレンドとニューヨーク株式市場の上昇幅は、いずれも大きいほど成功率は高くなる。

 日銀が追加金融緩和を発表した金曜日は、この条件をすべて満たしていた。そこで、為替相場の取引が終わる直前にドル/円を112円33銭で300万ドル分をロングし持ち越したところ、週明け月曜の朝は大きく窓を開けて上昇した。その結果、112円70銭で決済することができ、週末をまたぐだけで約100万円の利益を得た「おいしい」取引となった。

 月曜朝にここまで大きく上昇するはっきりした理由はわからないが、おそらくニューヨークの取引時間で買えなかった投資家が、アジア市場のスタート時に買おうとする動きが集中するからではないだろうか。

 冬時間の場合、ニューヨーク株式市場は日本時間の朝6時にクローズする。FXは、業者にもよるが多くは土曜の朝7時まで取引できるので、条件がそろっていれば株式市場のクローズから為替市場のクローズまでの1時間を利用して買いポジションを持つのだ。

 このとき、株取引で言う引成のような感覚でクローズする直前に機械的に注文してもいいのだが、羊飼いはこの1時間の値動きをにらみながら、できるだけ有利なポジションを持つように心がけている。

 というのも、クローズまでの最後の1時間は、意外と値動きが激しい時間帯だからだ。株式市場が高値で引けるとドル買いの動きが強まって大きく上昇することもあるし、利益確定の売りで思わぬ下落を見せるタイミングもある。うまくすればこの間に新規買いから決済まで回転できることもあるし、有利な押し目を拾えるチャンスも訪れるのだ。また、クローズ間際は取引が集中してスプレッドが広がることもあるので、これを避けたいというのも理由の一つだ。

 基本的にポジションは長く持つほどリスクは高まるので、月曜の朝を迎えたらなるべく早く決済したいところだ。といっても、月曜朝の取引開始時間もFX業者によって異なっており、多くは7時にオープンするが、6時や7時10分というところもある。そうした中で、サクソバンクFX証券だけはとびぬけて早く、3時にオープンするのでなるべく早く決済したい人は注目だ。ちなみに口座を開設しなくても3時からのレートを見ることはできる(いずれも冬時間の場合)。

 羊飼いは持ち越しのルールに従って朝一番で決済したら、少なくともその日の東京市場の時間帯にはもう取引しないことにしている。ギャップアップした後に、さらに上に行くこともあれば、反落して窓を埋めることもあり、予測が難しいからだ。

 言うまでもないが、この持ち越しのルールは100%成功するわけではない。「材料出尽くし」となって思惑が外れ、下落することもある。それでも、成功率はかなり高く、羊飼いにとっては鉄板のルールだ。

 この手法は必ずしも円安局面でなくてもいい。強い円高トレンドがあって、ニューヨーク株式市場が大きく下落しているようなときには、週明けのドル/円相場は窓開けによる大幅下落も期待できるだろう。

※マネーポスト2015年新春号