御嶽山の噴火を受けて気象庁と自治体が噴火警戒レベル基準を共有へ

ざっくり言うと

  • 気象庁と自治体が噴火警戒レベル基準を共有し、火山対策を進めていくことに
  • 地元の警察や消防と、火山災害が起きた際の行動を事前に決めておくという
  • 気象庁はこれまで、噴火警戒レベルの基準を自治体などに公開していなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング