「寝る前の発光画面は睡眠に悪影響」実証される

写真拡大

5日連続で就寝前に、普通の書籍と、発光する機器のいずれかで読書してもらう実験が行われた。睡眠と関係するメラトニンの分泌量などに発光画面が悪影響を及ぼすことが実証された。

「「寝る前の発光画面は睡眠に悪影響」実証される」の写真・リンク付きの記事はこちら

image from SHUTTERSTOCK

寝る前に、発光する画面を使って読書をすると、睡眠に関するさまざまな問題が生じることが、研究から明らかになった。

画面からの光は注意力を高めるため、就寝時刻を遅らせる恐れがある。さらに、眠りに落ちるのに要する時間が長くなり、サーカディアン・リズム(概日リズム)がずれ、体内で生成されるメラトニン(睡眠ホルモン)の量が減る。レム睡眠に入るのも遅れて、レム睡眠の時間そのものも短くなり、結果的に、翌朝の意識に悪影響を及ぼすという。

『Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)』誌に発表されたこの研究では、健康な成人12人が協力を申し出た。これら12人の被験者たちは、5日連続で夜に4時間、印刷された普通の書籍と、タブレットなどの発光する機器のいずれかで読書を行った(その後、同じメンバーが交代して対照実験を行った)。

その結果、印刷された書籍を読んでいたときにはみな正常値だったメラトニン分泌量は、電子デヴァイスを使って読書をした場合には大幅に(50%)低下した。同様に、翌日にメラトニン分泌量が増加し始める時間も、1時間半ほど遅れ、概日リズムへの波及効果が見られた。

平均的には、発光画面のデヴァイスで読書をした被験者は、眠りに落ちるまでに10分余計に時間がかかり、印刷された書籍を読んだときと比べてレム睡眠の時間が減少した。

さらに、発光するデヴァイスで読書をした被験者のほうが、就寝前には「眠くない」と述べる傾向が強かったが、朝になるとこの傾向が逆転し、印刷された書籍を読んでいた被験者よりも眠気を催していた。

12人という小さな規模の実験であり、さらに現実と同じ条件で実験が行われたわけではないが、電子機器をいつどうやって使うかについての判断が、健康状態に関係してくる可能性があることを示す研究結果だ。

TAG

e-ReaderHeadlineNewsKindleRecommendSleepWiredUK