掃除機の老舗フーバー、周辺機器を3Dプリントで提供

写真拡大

掃除機の老舗ブランドであるフーバーが、3DプリントのMakerBot社と提携。掃除機用の周辺機器を3Dプリントで提供する。

「掃除機の老舗フーバー、周辺機器を3Dプリントで提供」の写真・リンク付きの記事はこちら

斬新な掃除機ブランドは、ルンバやダイソン、ヘンリー(英Numatic International社の、顔が書かれた掃除機)だけではない。老舗のフーバーが、トップ3への返り咲きを目指している。3DプリントのMakerBot社と提携して、掃除機用周辺機器を3Dプリントできるようにするのだ。

フーバーはかつて、最も革新的な電気掃除機ブランドだった。ちょうどセロテープやトランポリンのように、商標のフーバーが「電気掃除機」という普通名詞として使われているほどだ。最近はロボット掃除機が台頭しているが、同社は3Dプリントによるカムバックをねらっている。

MakerBot社の「Thingiverse」では現在、米国で販売されているフーバー掃除機用の周辺機器デザインが無料公開されている。3Dプリンターを利用できる人は、デザインをオンデマンドで3Dプリントできる。

最初に公開された2つのデザインは、どちらもコードレス掃除機「Air Cordless」用の周辺機器だ。ひとつは付属する「LithiumLife」バッテリーの予備を掃除機に取り付けるマウント。もうひとつは懐中電灯のマウント。掃除機の延長管に懐中電灯を取り付けることで、ソファの下などの暗いところを徹底的に掃除することができる(冒頭の写真。Thingiverseのフーバーページでは、さまざまな関連の3Dプリンティングデザインが多数投稿されている)。

TAG

3D PrintingHooverMaker MovementWiredUK