遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第36回】

 オリンピック種目のひとつにもなっている自転車競技・男子オムニアム(※)。TeamUKYOの窪木一茂(25歳)は、その競技の全日本チャンピオンだ。トラック競技でリオ五輪を目指す一方、なぜ窪木はロードレースを走り、そしてTeamUKYOに所属しているのか――。

※オムニアム=2日間で計6種目のトラック競技を行ない、各順位をポイント換算して合計ポイントを争う競技。

 2012年と2013年にマトリックス・パワータグに所属していた窪木一茂は、2013年末にTeamUKYOへの移籍を決意した。その直接のキッカケは、本場欧州で長年走ってきた土井雪広がそこにいたからだ、という。そもそも、窪木が大学卒業後にマトリックス・パワータグを選んだ理由も、欧州の選手たちがそのチームに所属していたからだった。

「マトリックスに入って良かったのは、ロードレースをたくさん走れるというメリットと、外国人選手がいるということだったんです。もちろん、他に日本の優れた選手もいたけれど、自分が欧州に行けない現状で本場から何か教わる方法は何かないか――と考えたとき、同じチームで外国人と触れあえばいろんな話を聞けるし、一緒に走ったり練習しながら吸収し、学んでいくことができる。そういった理由からマトリックスに入り、勉強をさせてもらっていました。

 彼ら外国人選手や自分の来季(2014年)に向けた契約がどうなるかという時期に、ツール・ド・おきなわで(片山)右京さんや土井さんと話をさせてもらう機会があって、チームを移ろうという気持ちが自分の中で大きくなったんです」

 この年(2013年)、土井は8年間を過ごした欧州のプロツアーチームを離れ、TeamUKYOに移ってきた最初のシーズンだった。自転車ロードレースの本場を最もよく知る日本人選手である土井は、若い日本人選手たちにとって、おそらく眩(まぶ)しいような存在だっただろう。

「(移籍の決断は)やっぱり、土井さんという存在が大きかったですね。マトリックスには、土井さんのように8年間(2005年〜2012年)もプロツアーチームで走ってきた選手はいない。でも、TeamUKYOにはいる。実は、大学時代にジャパンカップで土井さんと一緒に走る機会があって、そのときにいろいろと話を聞かせてもらい、『この人から、まだまだたくさんのことを学びたいな』と思ったことがあったんですよ。だから、沖縄で話をしたときに、それが現実になりそうだと思ったので移籍を決意した、というわけです」

 実際にTeamUKYOで1年間、土井とともに戦ったことで様々なことを吸収できた――と窪木はいう。

「TeamUKYOへ移籍して、本当に良かったと思います。土井さんは日本と海外のレベル差を知っているから、どういう走りをしなければいけないのか、何がダメなのかという、現実的で具体的な話をどんどんしてくれて、それが僕には非常にプラスになりました。土井さんは若手に対して本当にいっぱい言ってくれる人なんですが、それを厳しいと思ってへこたれているようじゃダメでしょうね。僕にとっては、得がたい存在です。

 いずれはヨーロッパで高いところを目指すのなら、練習方法にしろ、生活にしろ、知っておいたほうがいいのは当たり前じゃないですか。その意味でも、土井さんがいろいろ教えてくれたのは、すごく近道になったと思います。今までの自分の取り組み方は果たして良かったのかどうか、あるいは食事にしても、コンディションを維持するために何を食べるべきか、レース前には何を食べてはいけないのか、といったことも学べました」

 2014年で最も印象に残ったレースは、6月のステージレース「ツアー・オブ・イラン」だった、と振り返る。それはそうだろう。序盤ステージではシングルでフィニッシュし、総合上位を狙えそうな勢いだったが、4日目に他チームのチームカーに後ろから追突されて落車、リタイアを余儀なくされたのだから。

「初日はチームにトレインを組んでもらって、3位だったんですね。ホワイトジャージ(参戦選手の中で最上位のアジア人に与えられるジャージ)を獲得して、2日目はゴールスプリントに絡めなかったけど、3日目もいい感じだった。でも、4日目のレース中にチームカーにひかれて、リタイアしてしまった......」

 転倒した窪木は、追突してきた自動車のタイヤに脚をひかれ、「ああ、これでレース人生が終わった......」と思ったという。

「すぐにマッサーの森川(健一郎)さんが飛んできて、向こうの運転手に怒鳴り込んでくれたんです。その気持ちはとても嬉しかったんだけど、『それはいいから、早く病院に連れて行って』と思ってて、その後、病院でレントゲンを撮ってもらったら、幸いにも骨は折れてなかった。その一方で、ゴールした人たちには、『窪木が死ぬかもしれない』というふうに話が伝わっていたらしくて、僕が夜遅くにタクシーでホテルに帰ると、『おお、大丈夫じゃんか。めっちゃ心配したぞ』って驚かれました。だから、あのレースは印象的でしたね(笑)」

 その後、夏のツール・ド北海道では総合4位。Jプロツアー第18戦の地元いわきクリテリウムでは優勝を飾った。総じてTeamUKYO移籍1年目は、窪木一茂にとって実りの多いシーズンだったといえるだろう。

「TeamUKYOは、監督がツール・ド・フランス参戦を目標に掲げていて、土井さんもヨーロッパから帰ってきた。チームの志(こころざし)はもともと高いし、若手選手もやる気がある。僕もやる気がある。そういう環境の中でお互いが高めあえて、すごく濃密な1年でした。でも、来年はもっと濃い1年になると思います。

 ツール・ド・フランスはものすごくハードルが高い目標で、毎年選手が入れ替わるかもしれない。そこで生き残っていくためにも、もっと自分が強くなりたい。だから、来年こそはロードレースでいい結果を残したいし、トラックレースでも2年後のリオ・オリンピックを目指したい。今はロードもトラックも面白いので、来年が楽しみで本当にワクワクしているんですよ」

(次回に続く)

【profile】
窪木一茂(くぼき・かずしげ)
1989年6月6日生まれ、福島県出身。日本大学出身。卒業後、和歌山県庁に就職し、同時にマトリックス・パワータグに所属。2014年、TeamUKYOに移籍した。2014年11月、全日本選手権オムニアムで優勝。

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira