盛りあげよう!東京パラリンピック2020(5)

ロンドンパラリンピック金メダリスト秋山里奈インタビュー Vol.2

前回は、ロンドンパラリンピックから2年が経ち、現在は引退されて、会社員として働いている秋山里奈さんの近況をうかがった。2回目は3歳から始めた水泳で、ロンドンパラリンピック金メダルを獲得するまでの道のりを振り返りつつ、その中で見て感じてきた障がい者スポーツの環境についてお話を聞いた。

伊藤数子さん(以下 伊藤):3歳から水泳を始めて、いつからパラリンピックや世界を目指そうって思ったんですか?

秋山里奈さん(以下 秋山):小学校5年生のときに河合純一さん(※)の本を読んだのがきっかけです。河合さんのバルセロナパラ(1992年)の銀メダルが悔しくて、アトランタパラ(1996年)では絶対金を取るために頑張った姿や、中学校教師を目指して、いろいろな困難を乗り越えて頑張っている姿を本で読んだ時、競技者としても一人の人間としても尊敬できて、素晴らしい人だなと思いました。
※全盲のスイマー。パラリンピック5大会に出場し、数多くのメダルを獲得している日本を代表する選手。

伊藤:それでパラリンピックを目指すようになったんですね。

秋山:はい。これは競技を始めてから思ったことなんですが、実は私のように先天的に目が見えないと結構大変なんです。理想のフォームを見たことがないですから、自分のフォームがなかなか出来上がらない。河合さんのように自分も中途失明だったらよかったなと思ったこともあります。見えている状態の体で学んだバランス感覚は、ちょっと欠けても元の記憶があるので、有利なんです。でも、結局中途失明でも先天的でも、一緒のフィールドで戦わなければいけないので、それを言い訳にしていたら全然始まらない。そもちろん「見えていたらもっとフォームが綺麗になったのに」とか、すごく自分を卑下することもあるんですけど、だからといってハンデをくれるわけじゃないので。

伊藤:そういうアスリートとしての魂みたいなものが、秋山里奈っていう人の中に元々あるんですね。そのフォームの話ですが、コースロープにぶつかってしまうことも織り込み済みで、スピード強化など、どういう発想で臨んでいたんですか?

秋山:私たちの全盲のクラスは黒塗りゴーグルで、みんなそれをつければ条件は一緒で、ぶつからない人なんてほとんどいないんです。でも、やっぱりそれは自分のフォームが安定してないから、(中途失明の人より)私のほうがすごく曲がるだろうし、ぶつかりやすくはなるんですけれど、それはしょうがないっていうふうに開き直って。ぶつかってもそこからどうやって気持ちを立て直すかとか、ぶつかってからまた加速する技術を身につけたりとか、そういう風に考えて泳いでいました。

伊藤:ぶつからないような考え方じゃなくて、ぶつかった後どうするか。

秋山:ぶつからないのは不可能なので。

伊藤:実際ロンドンパラで金メダルを獲ったあの決勝レースでも、ぶつかってるんですよね。

秋山:魔の75メートルで(笑)。いつもはそこで「ああ、もう駄目だ」って思うんですけど、あのときは力がみなぎって、「もう二度とぶつからない」って思って。そこからひたすら「金メダル、金メダル、金メダル、金メダル」って思いながら最後タッチしたんです。それほど金メダルが欲しかったんだなって、今はちょっと笑えます(笑)

伊藤:そういうふうに思えたレースはそれが初めてですか?

秋山:初めてですね。あれが最初で最後だと思います。

伊藤:8年越しの金メダル(※)本当に欲しかったんですね。ところで、秋山さんが水泳を始めたきっかけは?
※2004年アテネパラにて背泳ぎで銀メダルを獲得し、次の2008年の北京パラでは金メダルを狙っていたが、秋山さんの背泳ぎS11クラスが廃止され悔しさが残った。2012年ロンドンパラでそのクラスが復活し、8年越しの金メダル獲得を果たした。

秋山:姉が水泳を習い始めたのをきっかけに、私も地元・伊勢原市(神奈川県)のスイミングクラブに入りました。

伊藤:そのスイミングクラブに私もお邪魔したことがあるんですけど、一般の子どもたちと秋山さんの間には何の垣根も感じませんでした。

秋山:そうなんですよ。彼らはどうやら友達だと思ってくれていて、遠慮なくいろいろ言ってきますし、逆にそれがすごく私は心地良かったから、ずっとそのスイミングクラブにいました。

伊藤:じゃあ、普通の同年代の大人だけのスイミングクラブだったら金メダルはなかったと思いますか?

秋山:そうですね。話は同年代のほうが合うのかもしれないですけど、子どもから受ける刺激のほうがすごく大きくて。苦しい練習でも、子どもたちと今日何しゃべろうかなとか、何して遊ぼうかなとか、そういうことを考えて足を運んでいたので。本当に私は今、伊勢原のスイミングで育ててもらって良かったと思っています。

伊藤:子どもたちから受ける刺激とは?

秋山:大人になるにつれて、無我夢中で頑張るっていうことを忘れていたんです。でも、子どもたちがコーチに怒られて泣きながら歯を食いしばって頑張る姿とかを見ると、最近泣くほど頑張ったかなってハッとさせられることがありました。本当に普通の小学生から学ぶことが多いです。

伊藤:普通の子どもたちのスポーツ離れもありますが、障害のある子どもたちはさらにスポーツをしている確率が低いですよね。

秋山:そうですね。機会がないですからね。拒否されちゃったりとか。私は普通のスイミングスクールでやってきましたが、そこで目の見える子どもたちと一緒に遊んだり泳いだりできて、彼らも普通に小さい頃から私がいるので、目は見えないけどあとは普通だっていうふうに思ってくれて、それがどんどん引き継がれていくんですよ。世代が変わっても。

伊藤:そうなんですか。

秋山:10も20も下の子たちと一緒に泳ぐんですけど、私が更衣室に入れば、普通に手を取ってロッカーまで連れて行ってくれたり、「ここ空いてるよ」と教えてくれたり、タイムを読んでくれたりとか。彼らは、私以外の障がい者が困っていても、きっと助けてくれると思います。小学校、中学校にしろ、スポーツの教室にしろ、障がい者だけを特別に1対1とかにしないで、みんなの中にどんどん入れてもらいたいと思います。

伊藤:そうですね。今、障がいのない人たちのスポーツクラブ、総合型地域スポーツクラブでは、利用者に障がいのある人がいなくて、どうしてですか?と聞くと、何かあったら困るからって。

秋山:ちょっとだけみんなが目を配ってくれると、特に危ないことはないんですけどね。

伊藤:6年後の東京パラには、今の小学生や中学生ぐらいの子が出場してくるわけですけど、才能ある子どもたちをどうやって探せばいいと思いますか?

秋山:すごい難しいことですよね。私が水泳で仲いい子は、自分がパラリンピックの対象者だって知らずにアテネパラを見過ごしてたんです。目は見えにくいっていう自覚はあるけれど、それでパラリンピックに出られるとは思わずに、普通に健常者の大会に出ていて。そういう人たちが、探せば結構たくさんいると思うんですよね。

伊藤:そういう人を探したいですね。でも、「パラリンピックにこんな競技があるよ。出てみたら?」って声をかけてくれる人はとても少ないですよね。ここにすごく大きな壁があるような気がするんですけど、どうですか?

秋山:そうですね。その通りです。そういった意味では、声をかけてくれる人が1人いるだけで、全然違うと思うんですよね。私も河合さんの本を読むまで、目の見えない人が競技で競ってるっていうのを知らなくて。健常者の中でどうやって勝とうって、それだけ考えていました。

伊藤:秋山さんもそうだったんですね。

秋山:はい。パラリンピックっていう舞台があるっていうことを知って、その後どっちで頑張るかっていうのを決めてもらえばいいですよね。障害があるからパラリンピックとかじゃなくて、障害があってもオリンピックを目指す人がいてもいいと思うんですよ。本人がどっちに出場するかを選択して。とにかく"知る機会"をもっと多くの人に与えていってもらいたいと思います。

(つづく)

文●スポルティーバ text by Sportiva