12月特集 アスリート、現役続行と引退の波間 (10)
スケーター・高橋大輔の軌跡 part1

 2014年2月のソチ五輪の後、3月の世界選手権出場を辞退した高橋大輔は、1年間の競技休養を表明した。そして2014年10月、現役引退を発表――。

 ソチ五輪のフリーが競技者・高橋大輔としての最後の舞台となり、日本男子フィギュア界の道を切り開いてきた第一人者は、その戦いに静かに幕を引いた。

 日本フィギュアスケートの歴史にいくつもの"初"という文字を刻んだ高橋大輔。日本男子初の五輪銅メダル(2010年バンクーバー五輪)、世界選手権優勝(2010年)、グランプリファイナル優勝(2012年)など、数え上げればきりがない。その最初の「初」が、初出場した2002年世界ジュニア選手権での日本男子として初となる優勝だった。

 当時の男子フィギュアスケートは、02年ソルトレークシティ五輪で4位になった本田武史の実力が突出していた時代。サルコウとトーループの2種類の4回転ジャンプを跳び、世界選手権で02年から2年連続で銅メダルを獲得した本田は、高橋にとって追いかけるには遠過ぎる存在だった。

 高橋は、シニアに移行した02‐03年は、全日本選手権4位で四大陸選手権代表に抜擢されたが13位。本田がケガで休養した03‐04年には全日本では3位になり、四大陸選手権上位選手として世界選手権に出場して11位。シニアの厚い壁に跳ね返された。

 一方、女子フィギュアスケートでは、世界選手権2年連続3位(02年、03年)の村主章枝や、04年世界選手権優勝の荒川静香に加え、女子で史上初の4回転サルコウを成功させた当時15歳の安藤美姫の登場で一気に注目を集め始めた頃だった。しかし、男子の注目度は上がらず、高橋自身は苦戦続きだった。

 04−05年シーズン、高橋は本田とともに世界選手権代表になったが、その大会は2006年トリノ五輪の出場枠獲得がかかった重要な大会だった。高橋は予選A組6位とまずまずの発進。だが、全日本王者として出場した本田が練習で左足首を捻挫。さらに、予選B組の最初のジャンプで転倒して動けなくなり棄権してしまったのだ。

 突然、19歳の高橋の背中に、五輪出場権獲得の全責任がのしかかり、トリノ五輪出場枠を2つ獲得するには、10位以内に入ることが必要になった。そんな状況で、高橋はSP7位と好位置につけたが、フリーでは冒頭の4回転ジャンプが2回転になったうえに転倒。終盤のジャンプも転倒やミスを連発してボロボロの演技になった。

「ショートプログラムまでは何とかやり終えることができたけど、最後は2枠を確保しなければいけないということで、頭の中がいっぱいになってしまった。ウォーミングアップの時から焦ってソワソワしていたし、そのうえ4回転が跳べなくて、余計に焦ってしまって......」

 本田という大きな存在がいて、まだ日本でトップを獲れていない状況。試合後、記者に囲まれて話をする高橋の表情には、まだ幼さも垣間見えた。高橋のフリーは18位。予選とショートプログラム(SP)を合計した総合順位は15位になり、トリノ五輪の日本男子出場枠は「1」になってしまった。

 迎えた05‐06年トリノ五輪シーズン。この年から、これまで指導を受けてきた長光歌子コーチとともに、ニコライ・モロゾフコーチの指導も受けるようになった高橋は、アメリカ大会でグランプリシリーズ初優勝を果たすと、グランプリファイナルでも3位と急成長。そして、トリノ五輪出場権争いの最後の試合となる12月の全日本選手権では、織田信成との激しい戦いとなった。
※トリノ五輪出場代表選手選考基準(このシーズンの女子選手選考基準に準拠)
●04-05と05-06シーズンの成績をもとにその合計ポイントで選考
●04-05シーズンのポイントは、最も多くポイントを獲得した大会の70%が持ち点
●05-06シーズンはポイントを多く獲得した上位2試合と、全日本選手権のポイントで査定
●選手間の点差が10%以内となった場合、ベストスコアなどを勘案して「逆転させる場合がある」としていた。
これをもとにした高橋と織田、両選手の全日本選手権前のポイントでは高橋がリード。織田が逆転するには、織田が全日本で優勝して、高橋が下位で終える必要があった。

 05年3月の世界ジュニアで高橋に次ぐ日本人2人目の優勝を果たし、このシーズンからシニアに移行した織田は、11月のNHK杯では高橋を抑えて優勝。グランプリファイナル4位と急成長していた。その織田は、全日本のSPで完璧な演技をして79・90点で首位。それに対して高橋は、トリプルアクセルでミスをして5・38点差の2位発進となってしまった。

 翌日のフリーは、最初に登場した織田がSPと同じように伸び伸びした演技でほぼパーフェクト。合計226・10点でトップに立った。一方の高橋は、フリーの得点こそ織田を上回る148・60点だったが、合計では223・12点に止まった。

 演技終了後、高橋は「自分の演技を見てもらうことだけを意識しようと思ったけど、五輪へ行きたいという気持ちを抑えられませんでした......」と話し、流れる涙を「悔し涙です」と説明した。五輪には手が届かなかったと高橋はあきらめていたが、表彰式終了後に事態が急変する。織田のフリー演技の得点に集計ミスがあったとして変更されたのだ。

 織田は冒頭のトリプルアクセル+3回転トーループ+3回転ループの最後のループが2回転になっていた。そのため、中盤の連続ジャンプの後半の2回転トーループを3回転にした。その結果、失敗した冒頭のジャンプが3回転に挑戦したと判断され、「2回跳べる3回転ジャンプは2種類のみ」というルールに抵触。最後に跳んだ2回目の3回転ルッツが0点になり、当初の得点から7・40点が引かれた。

 この結果、高橋の全日本優勝が決まった。そして、トリノ五輪出場権をも獲得した高橋はこう語った。
※最終的にシーズンの獲得ポイント、ベストスコアなどでも高橋が織田を上回っていたため、高橋が全日本2位でも五輪代表になる可能性があったが、全日本優勝で誰もが納得する結果となった

「SPでもフリーでもトリプルアクセルを失敗しました。もしちゃんとやっていれば文句なしに勝てていたと思う......。やっぱりそれは自分のミスです。優勝して五輪代表に決まったとはいっても気持ちは複雑で、素直には喜べない」

 初めて全日本選手権を制したとはいえ、それは自分の力でもぎ取ったとはいえないような状況に、高橋は困惑していた。初の五輪代表をどう受け止めればいいかと考えてしまう迷い、割り切れないような彼の表情が、今でも印象に残っている。
(つづく)

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi