密着ライターが感じた「2014年、錦織圭が変わった瞬間」(3)

「全豪のナダルとやった試合で、今までにない充実感と、テニス自体が変わっていると実感したし、ナダルを追い詰められたと実感した。信じることができるきっかけになった」

 自己最高のATPランキング5位で2014年シーズンを終えた錦織圭が、飛躍へのターニングポイントだと振り返ったのは、グランドスラム初戦・オーストラリアンオープンでのラファエル・ナダルとの4回戦だった。

 17位でシーズンをスタートさせた錦織は、13年年末から招いたマイケル・チャンコーチと取り組んだ厳しい練習の成果をいかんなく発揮して、順当に4回戦へ進出。当時の世界ナンバーワンのナダルと対峙した。ナダルとは6度目の対戦で、初対戦時に1セットを奪ったものの、以降は1セットも奪えず、錦織は5連敗中だった。

 11年から全大会に帯同しているダンテ・ボッティーニコーチは、冗談で「ラファに勝つには、圭が全ショットをオンザラインに決めないといけないね(笑)」と、アルゼンチン人らしいラテンのノリで語ったこともあった。

 結果は、6−7、5−7、6−7で錦織のストレート負けだった。だが、スコアだけで読み取れない錦織の確かな成長と、チャンコーチとの化学反応があった。

 第1セット65分、第2セット62分、第3セット70分、実に濃密な3セットの中で、「自分が左右に結構振る場面もあったので、無理をしなくても戦えた場面が、今までの対戦より多くあった」と錦織が語ったように、ナダルを上回るプレーが何度も見られたのだ。

 武器である俊足を駆使した錦織は、なるべくベースラインから下がらずに、早いタイミングでボールを捕らえて攻撃した。錦織のフォアハンドストロークは、目に見えて以前よりスピードを増し、伸びのあるボールがナダルのコートを深くえぐった。

「ん〜、正直よくわからないですね。近いような、まだまだ遠いような気もしますし......」

 王者ナダルに敗れた直後、錦織は世界の頂点と自分との距離をまだ測りかねていたが、テニスの内容では決して負けていないと感じられた一戦だった。トップ選手との実力差が確実に縮まっている手応えをつかみかけていたように思う。錦織には、グランドスラムで優勝できるチャンスが訪れるかもしれないとあらためて認識させられた。そして、シーズン最後のグランドスラム・USオープンで、彼は世界との距離がそう遠くないことを示してくれた。

 大会前、錦織は右足の母指球にできたのう胞を除去する手術を受け、ニューヨークに入っても、まともに練習ができていなかった。そのため、1回戦だけでも勝てれば上出来だろうという状況だったが、大会が始まると快進撃が続き準優勝を飾った。

 今まで錦織の課題とされてきたサーブが、USオープンでは充実していた。決勝までに、サービスエースが30本、ファーストサーブが入ると74%でポイントを獲得し、サーブのキープ率が89%と高く、ブレークポイントを76%防いだ。

 14年シーズンに、チャンは、たとえ大会期間中の練習でも、錦織のフォームを一球一球チェックして、微調整が必要であれば指示した。たとえば、サーブのテークバック時に、錦織がラケットヘッドを下げてモーションが大きくなると、ラケットを上げてコンパクトにしろとすぐに修正を入れ、さらに、インパクト直後のフォロースルーをしっかり振り抜けと細かくアドバイスした。

 初めてのグランドスラム決勝で、マリン・チリッチにストレートで敗れた錦織を、チャンは懸命に励まし、彼の努力を労(ねぎら)った。

「USオープンでの圭の全力疾走は、尋常じゃなかった。大会前は、プレーできるかどうかもわからなかったんだから。マリンは、決勝で素晴らしいプレーをした。少し残念なことに、圭は決勝の前にタフな3試合を戦ったから少し疲れていたと思うね。それでも、決勝に辿り着いたのは、信じられないような功績です」

 錦織は、USオープン4回戦から3連続でトップ10プレーヤーを破ったが、とりわけ準決勝で、世界ナンバーワンに返り咲いていたノバク・ジョコビッチを6−4、1−6、7−6、6−3で破ったのは見事だった。ニューヨークでの激戦の中で、錦織は、年初には測りかねていた世界の頂点との距離が縮まっていることを自覚したのだった。

「(世界の頂点に)格段と近づいている。一番自信になるのは、ノバク(・ジョコビッチ)に競り勝つことができたこと。自分が無理をしないテニスでも、1位の選手に勝てた」

 今季自己最多のツアー4勝を挙げた錦織は、ワールドツアーファイナルズにも日本男子として初出場を果たし、ベスト4に進出してシーズンを力強く終えた。

 日本男子選手が、グランドスラム決勝でプレーすることや、ワールドツアーファイナルズの舞台に立つことを、多くの日本テニス関係者が願ってきた。そして、14年シーズンに、錦織が次々とその夢を実現していったのだ。

 しかし錦織は、日本男子初の偉業という記録に満足していないはずだ。錦織の心の中には、トッププレーヤーとしてのプライドが芽生え、さらに大きな勝利を求める貪欲さがある。

 大きな飛躍を遂げた錦織の14年シーズンのマッチ成績は54勝14敗、勝率79.4%、自身初の50勝以上を記録し、13年シーズンの36勝19敗、65.4%から大きく向上した。

 また、ファイナルセットにもつれた試合は21勝3敗、勝率87.5%で、ジョコビッチらを抑えてシーズンの勝率トップだった。キャリア通算では69勝19敗、勝率78.4%。驚くべきことにこれは歴代1位だ。

 さらに、トップ10選手に対して、錦織は、13年シーズンは2勝7敗だったが、14年シーズンは11勝7敗で勝ち越した。この中には、マイアミ大会準々決勝でのロジャー・フェデラーからの勝利、USオープン準決勝でのジョコビッチからの勝利、ツアーファイナルズでのアンディ・マリーからの勝利が含まれており、ナダル以外の"ビッグ4"から勝利を収めたことになる。

「今、圭は全体的に以前と異なった試合運びをしている。(14年シーズンに)初めてトップ10に入ることができた。彼のメンタルや試合へのアプローチは、完全に変わった。それを見てとれるし、彼のゲームは自信に満ちていて、厳しい練習が本当に報われている」

 チャンはこのように語り、錦織がレベルアップし、トップ10プレーヤーにふさわしい実力と精神力が備わってきていることを評価している。

 錦織は、チャンの影響によって、テニスをレベルアップさせただけでなく、「もう勝てない相手はいないと思う」と、今までにない発言も出てくるようになった。

「自分の力を信じる」

 それこそが、14年シーズン飛躍の原動力となり、そして、世界の頂点を見据える錦織にとって最大の収穫となった。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi