「ラオス・小児医療プロジェクト」を支援

写真拡大

スキンケア用品製造販売のエステダムは、バレンタインチャリティー活動として、2015年1月10日から2月28日までの期間中、同社の美容液「ユニバーサル セロム」の売上の一部を「ラオス・小児医療プロジェクト」に寄付し、その活動を支援する。「ラオス・小児医療プロジェクト」は、フランス生まれのエステダムと同じくパリに本部を置く国際NGO「世界の医療団」が11年から取り組んでいる活動。

対象期間中に「ユニバーサル セロム」15mL(1万6000円、税抜)1本を購入すると5歳未満の子ども0.5人、30mL(2万8000円、税抜)1本で1人が無料で検診や治療を受けられるようになる。

エステダムは、毎年バレンタインチャリティ活動を行っていて、今年で5年目。「ラオス・小児医療プロジェクト」には13年から参画、同年には3625人分の小児健診費用を寄付した実績がある。ラオスはアジアの中でもとりわけ乳幼児死亡率が高い地域といわれている。