QRコードを読み取れば動画が再生

写真拡大

来年用の年賀状引受が、2014年12月15日に始まった。「手間がかかるし、メールやSNSで済まそう」と考える人もいるかもしれないが、スマートフォンアプリに詳しいライターの小口覺さんは「パソコンやプリンターがなくても、スマホ1つで手間をかけずに楽しく年賀状が作れます」という。

2015年はどんな年賀状が流行するのか、小口さんに最新トレンドを聞いた。

スマホ越しに動画再生

小口さんによると、今年のトレンドはAR(拡張現実)技術を応用した「動く年賀状」。年賀はがきに印刷されたQRコードを読み取ると、スマホ越しにはがきの上で動画が再生される仕組みだ。

スマホ1つで年賀状が作れるアプリ「clip年賀状」(1枚130円から)は、送る側の手間は動画を撮影し、音楽やフレームを合わせるだけ。電車での移動中など合間の時間に作業を進めて、あとは自宅でプリントするか、ネットでプリントするかを選ぶことができる。

小口さんは「動画を撮影した経験があれば誰でも簡単に作れます。新年のあいさつを撮影してみたり、一発ギャグをしてみたり、色んな動画を送ることが楽しめます。音楽ができる人なら演奏している様子を送るのも面白いですね」という。短い動画を送るのは、6秒動画サービス「vine(ヴァイン)」の楽しみ方に通じるものがあると話す。

また、「年賀状に家族や子どものプライベートな写真を載せることに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、QRコードで動画を楽しんでもらう形ならば、見てもらいたい人だけに楽しんでもらえます」という。

相手に合わせたカスタマイズも手軽に

小口さんは「動く年賀状」以外にも、日本郵便が無料通話アプリ「LINE」と連携した新サービスに注目する。

公式LINEアカウントに写真を送ると、マスコットキャラ「ぽすくま」から、元の写真が漫画調になったり、かわいいフレームが付けられたりした年賀状デザイン案がすぐに届けられる。デザインが気に入れば、そのまま年賀状として送ることができる。

また、住所を知らない人にもLINEを通じて年賀状を送ることができるようになった。相手に住所を入力してもらう形で、送る側の手間がない。「仕事上の付き合いがある人なら相手の自宅住所は知らない場合がありますよね。これを使えば、お互いの住所を知らせずに年賀状のやり取りができるメリットがあります」という。

一方、デジタルは手抜き、味気ない、と思う人もいるかもしれない。小口さんは言う。

「スマホ1つで手軽に作れる分、カスタマイズはしやすくなっています。フォーマットは同じでも、親しい友人あてには2ショット、仕事仲間には忘年会の様子といった形で、写真や文字を入れ替えるだけで、相手に合わせたオリジナリティーが出せます。ちょっとした工夫をすることで、作る側も楽しめ、受け取る側にも喜んでもらえると思います」