ちょいデブオヤジのディカプリオ、美女20人お持ち帰りで独身生活を満喫
 2014年後半、日本では「結婚したい俳優ランキング」の上位2人の結婚に「西島・向井ショック」が巻き起こり、アメリカでは最後の独身大物セレブだったジョージ・クルーニーが2度目の結婚、イギリスではドラマ『シャーロック』で大人気のベネディクト・カンバーバッチが婚約。イケメンスターの相次ぐめでたいニュースにやけ酒をあおった女子も多かったはず。

 しかし、心配御無用!

「スターとの結婚」を夢想するガールズたちに朗報。アメリカにはまだレオ様ことレオナルド・ディカプリオ(40歳)が残されています!! レオ様がまたまたフリーになったのです。

◆破局直後に20人の美女をお持ち帰り

 年末に飛び込んできたレオ様の破局報道。「US Weekly」によると、レオ様と年下モデルのトニー・ガーン(22歳)との1年半に及ぶ交際に終止符が打たれたようです。

 二人の別れが確実なものになったのは、レオ様が12月上旬にマイアミで行われたアートショーに参加した直後。アートショーにはトニーも来ていたようなのですが、レオ様はパーティ会場を中心にご機嫌にハシゴ、トニーは美術関連のイベントに真面目に出席といった具合で、二人が顔をあわせることはほとんどなかったと「Mail Online」では報じています。

 しかも、ショーの打ち上げパーティでナイトクラブを訪れたレオ様は、なんとその晩20人もの美女をいっぺんにお持ち帰りしたというのだから驚き!「こんなことが出来るのはシングルの証だ」とツイッター上でも話題になりました。

 2013年の5月から交際を続けていたレオ様とトニー、ビーチや野外コンサートでの熱いキスシーンが散々パパラッチされてきましたが、案外と短い付き合いとなってしまいましたね。

 交際期間中、レオ様がトニーと連れ添ってレッドカーペットなど公な場面に登場することは一度もなかったのも、「これはお遊びだぜ」という信号だったのかもしれません。

◆モデル好きのレオ様、当の本人は絶賛劣化中

 レオ様といえばモデル好きで有名。これまでにもブラジル出身のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン(34歳)、水着姿モデルのバー・ラファエリ(29歳)、下着モデルのエリン・ヘザートン(25歳)と交際し、モデルフェチ街道まっしぐらでやってきました。

 例外的に女優のブレイク・ライブリー(27歳)とお付き合いしていた時期もありましたが、こちらはなんてったって『ゴシップガール』の主役。いずれにせよファッショナブルで細身、かつスタイルが抜群の女性という意味ではモデルと大差ありゃしません。

 けれど当のレオ様は「ここ最近、劣化が激しい!」と一部で話題。大きくでっぱったビール腹におヒゲ&ポニーテールがトレードマーク。細身でシャレオツな元彼女トニーの横で歩くその残念なボディが印象的でした。

 ハリウッド俳優の中には役作りのために痩せたり太ったり変幻自在のスターがたくさんいますが、レオ様の場合は2013年に俳優休業宣言をして以降、未だに次回作の予定はないはずですから、今の体型は不節制がたたってのこと。

 あの美しかったレオ様に戻してくれる新しいお相手は登場するでしょうか? それともレオ様だけは、私たちの“永遠の独身スター”でいてくれるでしょうか? 2015年も劣化したレオ様から目が話せませんよ!

Source:
「US Weekly」http://usm.ag/1vVWs32
「Mail Online」http://dailym.ai/1vHCHqQ

<TEXT/橘 エコ PHOTO/Jason957>
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューや ゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)