機内販売モデル

ANA(全日本空輸)グループは、客室乗務員、地上旅客係員、ラウンジスタッフの制服一斉リニューアルを記念した「ANAオリジナル CAリカちゃん」を、ネット通販で2014年12月25日に、機内などでは15年1月1日に発売する。

「ブルーライン」を大胆に取り入れたデザイン

新制服は「挑戦」「変化」をコンセプトに、外国人デザイナーを初めて起用、シンガポール生まれのネパール人、プラバル・グルンさんがANAのコーポレートカラーである「ブルーライン」を大胆に取り入れたデザインを施した。その制服の実物を、リカちゃんに着せて忠実に再現した。

機内とインターネットで購入できる種類が異なる。

機内で販売されるのは、 爽やかなショートボブとCA風のメイクを施したモデル。ジャケット、スカート背面の「ブルーライン」を忠実に再現した。価格は国内線で5000円(税込)、国際線では4600円(免税価格)。インターネットで販売されるのは、エプロン、ブラウスなどの着せ替えアイテム17点を揃えたフルセット仕様。バック、キャリーカートなどの小物類も付属する。販売価格は8800円(税込、送料別)。

実際の制服リニューアルは15年2月1日から。