アナ雪BDの年間売上は227万枚、DVD「千と千尋の神隠し」抜き史上最高。

写真拡大

オリコンは12月25日、CD・DVDショップ、専門店、複合店、家電量販店、コンビニエンスストア、インターネット通販など、音楽・映像ソフトを販売している全国約32,000店舗の実売データをもとに集計した「オリコン年間映像ランキング2014」(集計期間:2013年12月23日付け〜2014年12月15日付け)を発表した。

Blu-ray Disc(以下BD)の全ジャンル作品を対象とした総合BD部門の「作品別売上枚数ランキング」では、今年一大ブームを巻き起こした「アナと雪の女王」の劇場版アニメーション映像作品「アナと雪の女王MovieNEX」(7月16日発売/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)が、年間売上226.9万枚で首位を獲得。

DVD「千と千尋の神隠し」が2002年に記録した年間売上203.9万枚を12年ぶりに上回った同作は、オリコンが1991年より発表を開始した年間映像ランキング史上、最高の年間売上枚数を記録した。これはランキング対象盤種となるBD、さらにビデオ、レーザーディスク、DVDを含めた全映像作品を通じても歴代トップとなる快挙だ。

ディズニー・アニメーション作品による年間映像ランキング(作品別売上枚数)総合部門首位獲得は、1993年の「美女と野獣」(総合ビデオ部門首位:年間売上15.3万枚)と、2004年の「ファインディング・ニモ」(総合ビデオ部門首位:年間売上16.2万枚/総合DVD部門:156.5万枚)に次いで通算3作目、10年ぶりとなる。

総合BD部門の「作品別売上金額ランキング」でも、2位以下を圧倒的に上回る年間売上98.0億円で首位となった同作は、「劇場公開アニメ部門」での首位とあわせてBD年間3冠を達成。前出の映像史上最高記録樹立という偉業とともに、23年の歴史を誇る年間映像ランキング史にその名を強く刻み込んだ。