ムーヴバンド2

写真拡大 (全5枚)

 ドコモ・ヘルスケアは、健康プラットフォームの「WM(わたしムーヴ)」に蓄積された歩数のデータに着目し、実態調査を行った。

 同社は、12月の陰暦の呼び方である「師走(しわす)」の、教師や坊主、師匠などの「師」が走るという説に焦点を当て、12月1日〜10日の間、「ムーヴバンド2」を利用してデータ転送を行っている会員約9,000人を対象に、WMに蓄積されている歩数のデータを分析。「師」には、その道の師として「職種」を当てはめ、どの職種が一番歩いていたか、その実態を中間発表した。

 最も多く歩いたのは、東京に住む情報通信業の営業マンで、一日に10万3千歩も歩いていた。距離にすると約76キロとなり、東京−箱根間、関西空港−神戸ポートタワー間、佐賀空港−博多間などの距離に相当するという。同社が電話インタビューで同氏に尋ねたところ、10万歩を歩いた日は「東京から小山市(栃木)まで走った日」で、10年前から始めているというマラソンのトレーニングだったとのこと。いつもは皇居ランなど、週に1〜2回のジョギングや、休日は仲間と遠出してトレイルランをしているという。