20周年記念のPS4をヤフオクに、世界12,300台の“最初の1台”出品。

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは(SCEJA)は12月24日、初代「プレイステーション」の発売から20年を記念した「PlayStation 4 20周年アニバーサリーエディション」(全世界限定12,300台)の最初の1台にあたる「00001」を、ヤフオク!に出品すると発表した。

この商品は、1994年12月3日(土)に発売した初代プレイステーションを彷彿させるデザインが特徴で、本体表面にはそれぞれ00001から12300までの番号が刻印されたプレートを備えている。

オークションは「『PlayStation 4 20周年アニバーサリーエディション』00001 メモリアルオークション」と題し、2015年1月23日(金)から2015年1月25日(日)まで実施。オークションによる収益金はすべて、SCEJAより同額を加えた上で、子ども支援専門の国際NGO「公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」に寄付する。

このほか、24日からオークション終了まで(2015年1月25日)の期間、Twitter上で、PSへの愛や、PSにまつわるエピソードならびに期待などをハッシュタグ「#ps_20th_love」をつけて投稿すると、1ツイート毎に寄付額が自動的に20円加算される「プレイステーション愛ツイートキャンペーン」を実施する。さらに、ツイートしたユーザーの中から、抽選で20人にPlayStation Storeチケット3,000円分をプレゼントする企画も用意した。