日本初となるFirefox OS搭載スマホ

写真拡大

KDDI(au)が、米モジラのオープンソースの基本ソフト「ファイアフォックス(Firefox)OS」を搭載したスマートフォン(スマホ)を発表した。一般向けとしては国内初の「Firefoxスマホ」となる。

機能だけでなく、デザインや部品と細部にこだわりが施された端末に仕上がった。KDDIの田中孝司社長が「ほとんど商売抜き。ビジネスのことは考えていません」と断言した。

「いくらかかったか、言えませんよ」

新型スマホの商品名は「Fx0(エフエックスゼロ)」。搭載されたFirefox OSは、HTML5をはじめウェブの標準技術をベースとしているため、アプリの開発がしやすい。端末は韓国LG製で、画面サイズは4.7インチ。高速データ通信「4G LTE」に対応する。

ゴールドカラーの本体が目を引く。ディスプレーの下の部分や裏側が透けており、中の部品が見えるのもユニークだ。デザインには著名なデザイナー、吉岡徳仁さんを起用した。

2014年12月23日の商品発表会の席で、田中孝司社長は、開発にあたってのエピソードを話した。「透明ボディー」にしたのは「Firefox OSのオープン性を象徴する意味で、中身を見せなければいけないだろうということで」とユーモアを交えて話した。開発グループの社員と共に商品プレゼンテーションを始めると、Firefoxのロゴを取り入れた「ホームボタン」、11本だけしか使わない専用ネジの開発で何度もやり直した苦労を明かし、「いくら(費用が)かかったか、言えませんよ」と会場を笑わせた。

家電量販店などでスマホを販売する際、通常は実物に似せた模型(モックアップ)が置かれる。ところが「Fx0」の場合は端末製作に凝り過ぎたためモックアップがつくれず、販売店にはすべて実機が並ぶとのことだ。

「みんな同じもの持っているのはつまらない」

田中社長は「Firefoxスマホ」について、「ギーク(コンピューターやインターネットに詳しい人)の皆さんのためだけにつくった」と豪語し、「全くビジネスのことを考えていない」と付け加えた。2011年にFirefox OSを知り、「つくる楽しみ」を表現できるのではないかと構想を温めていたようだ。

スマホの普及が進む中で、「みんな同じものを持っているというのは少しつまらない。『auは面白いことをやるんだな』と伝われば」と思いをのぞかせた。確かに端末の見た目だけでなく、機能にもユニークさが垣間見える。例えば「Fx0」を持っている人同士が端末をタッチするだけで、動画や写真を簡単に共有することが可能だ。

新商品発表に際して「ビジネスのことを考えていない」と社長自ら公言するのは珍しい。報道陣からは再三その点を問われたが、「アプリの開発者も、オープンな世界で『こうしたら面白い』と考える人ばかり。しばらくはあたたかく見守ってもらいたい」と話すにとどめた。

2014年12月25日から、auオンラインショップやKDDI直営店で発売される。