武田鉄矢が1991年に恋愛ドラマ『101回目のプロポーズ』にヒロインの相手役として登場したとき、当初は否定的な見方が多かった。ところが、平均視聴率23.6%、最終回では36.7%を記録し今でも語り継がれる作品となった。その年の新語・流行語大賞にも選ばれた台詞『僕は死にません!』を演じたときのことを語った武田の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 武田鉄矢は『101回目のプロポーズ』で浅野温子を相手にフジテレビのトレンディドラマに初主演し、話題を呼んだ。

「最初は浅野さんと芝居がかみ合わないんだよ。最初に食い違ったのは『五十年後の君を今と変わらず愛します』というシーン。まず僕だけを撮って、それから切り返して彼女を撮るんだけど、向こうの芝居が見当つかないから僕は泣きながらやっちゃったんだ。そうしたら、彼女は表情を変えずに横を向く芝居をした。彼女が凄く冷たく映ってしまうわけですよ。

 トレンディドラマを頑なに堅守する浅野さんのお芝居と、隙があれば攻め込んでいく僕の芝居がどんどんヒビ割れていきましてね。

 そのうちトラック前に飛び出す場面になった。そこには野次馬が集まってきて、暴走族とかが邪魔しそうだったんです。それで、『一発かましたれ』と思って、トラックの前に飛び出したんです。ロケ撮影って、一種の路上パフォーマンスなんですよ。そこで見ている人たちを巻き込むくらいの覚悟でやっています。

 それで、トラックの前に飛び出して『僕は死にません!』って言ったのよ。そしたら暴走族もフリーズしている。で、今度は切り返しじゃなくて二台のカメラで、僕を見ている浅野さんも撮っている。そうしたら浅野さん、わんわん泣いて、へたり込んだの。彼女が僕の芝居に付き合ってくれたんだ。それで照明さんも音声さんも泣いてくれた。そのあたりから、木目が揃い始めていった気がします」

 近年はTBSドラマ『白夜行』での、犯罪に手を染め続ける若い男女を執拗に追い詰める笹垣刑事など、悪の毒を感じさせる役柄も少なくない。

「五十代になった時、『金八先生』の真逆の役を演じたくなったんです。金八は少年少女を見ると、まず『この子たちは悪い子じゃない』と思う。でも笹垣は『こいつらは親を殺しているんじゃないか』と疑う。希望の中で少年少女を見る人に対し、血まみれの地獄から見る人なわけです。ですから、どうしても演じてみたかった役でした。

 ただ、制作陣とは喧嘩ばかりしていました。『最後は金八先生みたいに説教してくれませんか』って言うんですよ。『バカヤロウ!』と言いましたよ。『人殺しを金八みたいに許したらいけないだろう!』って。それで最後にセリフを加えたんです。『早く捕まえて、死刑にしたらんで悪かったな』と。そういう優しさもあると思うんです。

 目新しい仕事は、割と飛びつくんですよ。スタッフにも、『なるべく仕事を選ぶのはやめよう』と言っています。仕事って、選び始めると最後までずっと迷うようになっちゃうんですよ。

 お芝居をしながら、人間の本性を捕まえたいといつも思っています。その捕まえ方が荒くなったり、捕えてなかったりすると、飽きられてしまうと思います。ですから、一シーンについて三通り以上は芝居を考えていきます。演じることに正解はないですから。あまり早めにOKをもらうとガッカリすることもあります。イイのを後にとっておいたりするから」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら〜東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)、『時代劇ベスト100』(光文社新書)ほか。責任編集をつとめた文藝別冊『五社英雄』(河出書房新社)も発売中。

※週刊ポスト2014年12月26日号