「ナイアガラの滝」で華やかにお祝い!横浜赤レンガ倉庫でカウントダウン花火

写真拡大

大晦日の夜は大きな声でカウントダウンして、新しい年を思いっきり派手にお祝いしたい! というあなた。音も光もスケールもいちばん派手なのは、やっぱり冬空を華やかに彩る「花火」でしょ!?

横浜赤レンガ倉庫では、12月31日(水)の23時59分から、BGMに合わせて仕掛け花火をスタートさせるカウントダウン花火「おしゃれHANABI 2014」を開催。年明けと同時に、巨大な光のカーテンが連なる「ナイアガラの滝」が出現し、音楽に合わせて新年をお祝いする様子は、間違いなくゴージャスな幕開け!

会場では、「2015年1月1日」の日付が入った銀のテープがキャノン砲から飛び出して、お祝いムードをさらに盛り上げるから、新年早々テンションも上がりそう。テープを持ち帰れば、カウントダウンイベント参加の記念に。

「赤レンガ倉庫1階のピクニックコートなどは24時まで営業していますので、カウントダウンまで温かいものを召し上がってゆっくりお過ごしいただけます。またイベント広場の『アートリンク』でスケートを楽しんでいただくこともできます。カウントダウンまでの時間を思い思いに過ごしながら、2015年最初の花火を楽しんでください」と、広報担当の岡崎さん。

「アートリンク」は12月31日に限り、翌1時まで営業時間を延長しているので、花火が終わった後に初滑りだってできちゃう。それに合わせて、温かいアップルサイダーやスープが飲めるカフェ・ヒュッテ「Chano-ma Art Rink Cafe」も営業を延長。

華やかな花火で始まる新しい年は、なにかおめでたいことが起こる予感。港で花火を見て、初滑りで初乾杯してから初詣へ・・・なんていう新年の始め方はいかが?