テクノロジーの進化が恋愛を変える? au未来研究所が考えるLOVEの未来

写真拡大

太古より人間が根源的に持つとされる恋愛感情。その恋愛の在り方がテクノロジーの進化と共に変容していくのでは? と考えているのがKDDIが創設したau未来研究所だ。

au未来研究所は、KDDI研究所の付帯組織としてWEB上に開設された仮想のオープンラボラトリーで、今は「スマホの次」をテーマに色々な研究をしている。

現在、au未来研究所では恋愛とテクノロジーの関係性を探り、テクノロジーによって、これまでの恋愛とはまったく違うものに変容してしまう可能性を示唆する3つのコンテンツを特集として発表している。

人との出会いや付き合い方が変わってしまったらあなたはどうするか──そんな示唆に富んだラインナップとなっている。

大野そらさんが冬の恋愛をステキにするスマート○○をイラスト化!


au未来研究所には、Twitterでリア充カップルたちの日常生活を皮肉たっぷりに描き、その緻密すぎる作画と圧倒的な躍動感によって一躍有名になったイラストレーター/漫画家の大野そらさんも登場。

大野さんは、「冬の恋愛をもっとステキにする、スマート***を考えてみてください。」というお題のもと、au未来研究所の研究員(ユーザー)から集められたアイディアのイラスト化を行っている。

大野そらさん_スマートジャンパー1


大野そらさん_スマートジャンパー2


大野そらさん_スマートジャンパー3



今回発表されたのは「スマートジャンパー」というアイディアを題材にした3枚のイラスト。「スマートジャンパー」を考案したあっこ研究員曰く、「カップルが向き合って抱きしめ合うとファスナーが開いてお互いのジャンパーが1つになる」という仕組みのアパレル・ガジェットのようだ。

大野さんの作風も、いつものリア充カップルへの皮肉成分は少なく、ジャンパーを着用したカップルが抱き合う描写には思わずほっこりさせられてしまう。

スマートジャンパー。まず名前が素敵だと思いました。「ジャンパー」というところに愛着が湧きます。僕が学生の頃にこれがあったらきっと好きな人に着せていたと思います。コードが伸びているのは暖房機能も備わっている為です。誰か開発してくれないかなぁ。大野そら


大野さんも上記のように「スマートジャンパー」に対して、自身の学生時代を振り返りつつ、コメントを残していて、お気に入りのようだ。

「スマートジャンパー」の他にも大野さんがイラスト化したアイデアをもう一作品公開予定。

【次のページ】人工知能との恋愛は可能? はあちゅうと東紗友美が語り尽くす

はあちゅうと東紗友美が語り尽くす、人工知能との恋愛


はあちゅう×東紗友美


ブロガー/作家のはあちゅうさんと映画ソムリエの東紗友美さんも登場。

彼女たちは、人工知能との恋愛を描いた映画『her/世界でひとつの彼女』を引き合いに出しつつ、人工知能との恋愛ははたして可能なのか、どんな問題点や未来が考えられ得るのかを対談しながら探っていく。

身体性のない人工知能との恋愛は不可能だと断ずるはあちゅうさんに対して、人間との恋愛より素敵なものになると考える東さん。

テクノロジーが新たに可能にさせる恋愛として、人工知能とのコミュニケーションというテーマは実に明確でわかりやすい課題なのかもしれない。

彼女たちが語る、「人工知能との恋愛」の全文はこちらから。

遺伝子検査で異性との相性がわかる? リバネス代表が語る


丸幸弘


遺伝子検査が普及する現在。将来発症する可能性がある病気から、自分に適したダイエット法、そして血縁関係まで、遺伝子にはとにかくたくさんの情報が含まれている。

そう考えると、自分と相性の良い異性も遺伝子検査の結果でわかってしまうのではないか?

そんな「遺伝子と恋」というテーマを、子供たちへの科学研究を続けながら研究者・経営者として活躍する株式会社リバネス代表の丸幸弘さんが語る。丸さんは、遺伝子解析を手がける株式会社ジーンクエストを設立したことでも知られている。

遺伝子型を使って効率よく相性がいい人と出会えたら、合コンはなくなる」としつつも、「人類が二極化してしまうという心配もある」と語り、サイエンスと恋愛の可能性をリアルに感じられる丸さんのインタビュー記事は必見。

リバネス代表丸さんが語る、「遺伝子と恋」の全文はこちらから。

テクノロジーが実現する新しい恋愛の形。みなさんはどんなことが実現できると思いますか?

ほかにも意欲的な企画を数多く展開中のau未来研究所。是非とも公式サイトをチェックしてみよう!