漫画『ワンピース』の歌舞伎、主演は四代目市川猿之助 -「頂上戦争編」が舞台に

写真拡大

日本国内の累計発行部数が3億2千万部を突破する『ONE PIECE(ワンピース)』の歌舞伎「スーパー歌舞伎(セカンド)」が2015年10月・11月に、新橋演舞場で上演されることが決定した。主演は四代目市川猿之助が務める。

[ この記事の画像をもっと見る ]

公演されるのは、漫画51巻から60巻の「頂上戦争編」。ワンピースファンの間では特に人気のあるシリーズで、6日後に迫った“公開処刑”からエースを救おうとする海賊団やルフィが舞台で描かれる。

■あらすじ
シャボンディ諸島で、バーソロミュー・くまの能力によって消されたルフィは、海軍本部と倏鬚劼桶ぢ叡牒瓩マリンフォードで激突するとニョン婆から聞く。その火種となるのは、わずか6日後に迫ったルフィの兄・エースの“公開処刑”だった。ルフィは“王下七武海”ボア・ハンコックの協力を得て、エースが囚われているという海底監獄爛ぅ鵐撻襯瀬Ε鶚瓩愎入し、ついに、エースの救出に成功する。しかし、喜びも束の間、エースは海軍本部大将狎峺き瓮汽ズキの攻撃を受けてしまう。ルフィに抱えられながら、命果てようとするエース。涙ながらに彼は、自分を愛してくれた者たちに向けて、最後の感謝の言葉を伝えようとする。

スーパー歌舞伎とは:
現代風の歌舞伎のこと。三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造された。

【イベント情報】
スーパー歌舞伎(セカンド)
期間:2015年10月7日(水)〜11月25日(水)
・昼の部 11:00〜 
・夜の部 16:00〜
休演:10月16日(金)、28日(水)、11月6日(金)、16日(月)
開催場所:新橋演舞場
住所:東京都中央区銀座6-18-2