ダ・ヴィンチが発明した16世紀の楽器、現代のクリエイター13人が考えた23世紀の楽器

写真拡大

レオナルド・ダ・ヴィンチが約500年前に構想した楽器が、昨年ようやく現実のものとなった。ではいまから200年後には、どんな楽器が生まれるだろうか? 「レッドブル・ミュージック・アカデミー」が選出した現代で活躍する13人のアーティストやデザイナーたちが「2214年の楽器」を発表。

「ダ・ヴィンチが発明した16世紀の楽器、現代のクリエイター13人が考えた23世紀の楽器」の写真・リンク付きの記事はこちら

いまぼくらが「楽器」と呼ぶものは、200年後にはどのようになっているだろうか?

レッドブル・ミュージック・アカデミー(以下RBMA)」が選出した「最も未来的で鋭い思考を有するクリエイター」13人が、この問いに答えた。それぞれのアイデアをもとにグラフィック・デザイナーのキム・ロートンが、CG画像を制作。RBMAの特設サイト「FUTURE INSTRUMENTS」にて公開されている。

上の画像は、LAの人気ヒップホップ集団「Odd Future」のリード・ラッパー、タイラー・ザ・クリエイターのアイデアだ。自分の叫び声にありとあらゆるエフェクトがかかり、新しい声に変えてしまう。タイラーは、そんな小さなキューブ型の楽器が生まれるだろうと言う。

日焼け止めクリームのような音楽プレイヤー

デトロイトテクノのオリジネイターであり、絶えず実験的姿勢で宇宙や人間の本質に迫る表現活動を行ってきたジェフ・ミルズは、日焼け止めクリームのように全身に塗って使用する音楽プレイヤーを考案した。

CLONE 101 REALITY PLAYER:透明なので永久に装着することも可能で、「いちばんの特徴は、音楽制作時の様子を追体験できる点にある」とジェフ・ミルズは解説する。

目に見えない何千というミクロのセンサーが含まれており、作品制作時のプロデューサーの体温、心拍数、知覚などの身体情報をユーザーにフィードバックする仕組みだ。それによって、プロデューサーの音楽制作プロセスを追体験できる未来を彼は夢見ている。

肉体的に音楽を聴く「指プラグ」

自作デヴァイスを用いてインスタレーションや映像作品を手がける谷口暁彦は、ジェフ・ミルズが考案した身体に塗るものからさらに一歩進み、「身体に埋め込む楽器」を構想している。

THE HUMAN INSTRUMENTS:指先がプラグ代わりになるなど、人間そのものが楽器化していく。それが谷口暁彦が思い描く音楽の未来だ。

2214年には肉体改造が一般的になっていだろうと言う谷口。「例えば電磁石を体に埋め込めば、より肉体的に音楽を聴けるようになるでしょうし、それをエレキギターのピックアップのように使ったり、自分の体にギターの弦を張ったような動きも可能になるでしょう。指先がプラグ代わりとなり、ミキサーやアンプに指を入れれば、サウンドが流れてくるようにもなるでしょう」。

もはや物体ではなくなる

建築家の隈研吾が構想する未来では、楽器はもはや物体ではなくなっているという。

THE LISTENERS:隈研吾によると「未来の楽器は物体ではなくなっている」という。「道具によって生み出した音」ではなく、「周囲に存在する音」こそが重要になるというのだ。

「いつの日か、私たちはすべての音が私たちの周囲に存在すること、そして私たちが生み出した音ではなく、そこから見つけ出した音こそが一番重要なのだということを理解するでしょう。・・・音楽はいつでもどこでも生まれるようになり、ミュージシャンという言葉は、物体を使用して音を生み出す技術を持っている人という意味ではなくなります。ミュージシャンという言葉は、生まれてくる自然音を感じ取り、そこへ静かに耳を傾けようと教えてくれる、素晴らしい感性を持った人を指すようになるでしょう」

FUTURE INSTRUMENTS 参加者一覧

アダム・ハーパー(書籍『Infinite Music』の著者)
谷口暁彦(ヴィジュアル・アーティスト)
デイヴ・スミス(楽器デザイナー)
ダグラス・ヴァコッチ(SETI研究所)
Iasos(ミュージシャン・New Age Movementの創始者)
ジェフ・ミルズ(デトロイト・テクノのパイオニア)
隈 研吾(建築家)
キム・ロートン(グラフィック・デザイナー)
コンスタンティン・グルチッチ(グラフィック・デザイナー)
マイク・グッピー(「Animade」のウェブデザイナー)
セス・ウッズ(チェリスト)
タイラー・ザ・クリエイター(「Odd Future」のリード・ラッパー)
袖岡由英(オーディオ・ヴィジュアル・アーティスト)

TAG

FutureMusicRBMARecommendRedbull

レオナルド・ダ・ヴィンチが構想した楽器「ヴィオラ・オルガニスタ」のスケッチ。

新しい楽器を構想することは、いまに始まったことではない。

レオナルド・ダ・ヴィンチは、「ヴィオラ・オルガニスタ」という、ピアノとチェロの特性を組み合わせたような不思議な音色を奏でる楽器のスケッチを残している。

昨年、ポーランド人ピアニストで楽器職人のスラウォミール・ズブリツキによって、そのスケッチが初めて実物の楽器となるまで、ダ・ヴィンチのアイデアは500年間も眠っていた。

3年間かけて制作した「ヴィオラ・オルガニスタ」の音色を、スラウォミール・ズブリツキが初めて披露したときのライヴ映像

アメリカ合衆国建国の父のひとり、ベンジャミン・フランクリンは、ガラスの摩擦を利用する楽器「アルモニカ」を発明した。

1700年代当時は、ゲーテやモーツァルトもこの楽器を高く評価していたという記録が残っており、1700年代のうちに4,000台以上が欧州各地に出回ったとされている。

しかし、そのうちアルモニカを演奏していた多くの人が、神経障害や鬱病、目まい、筋肉の痙攣などに罹ったという噂が広まった。アルモニカは「悪魔の楽器」だという悪評は口々に伝わり、長い間世の中から姿を消していた。

1984年にアメリカのガラス職人ゲアハルト・B・フィンケンバイナーによって復興され、その美しい音色を再び聴くことができるようになった。

ダ・ヴィンチやフランクリンが発明した楽器のように、今回「FUTURE INSTRUMENTS」に参加した人たちが発表した楽器も、いまは突飛なものに見えたとしても、200年後には何らかの形で実現しているかもしれない。

水で濡らした指先をガラスの縁に触れさせる摩擦によって、音楽を奏でる。フランクリンは「もしハープが『天使の楽器』であるなら、アルモニカは『天使の声』である」と形容している。

TAG

FutureMusicRBMARecommendRedbull