東洋大学の桐生祥秀が日本人初の9秒台に意欲「調整していきたい」

ざっくり言うと

  • 22日、日本陸連の「アスレティック・アワード」に桐生祥秀が出席した
  • 日本選手権に優勝したが、目標だったアジア大会を負傷欠場したことを反省
  • 「しっかり調整していきたい」と、日本人初の9秒台に意欲を見せていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング