「ベイマックス」50億円も視野、「アナ雪」に次ぐ史上2位のスタート。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ最新作「ベイマックス」が12月20日より日本公開され、週末2日間の興行成績が600,410,500円、観客動員は463,556人を記録。この成績は「アナと雪の女王」に次ぐ、ディズニー・アニメーション史上第2位の大ヒットスタートとなった。

また、オープニング成績3位で、30億円の興行成績となった2013年公開の「シュガー・ラッシュ」をはるかに上回る成績となっていることから、50億円突破は確実視され、この先どこまでの伸びを見せるか注目が集めそうだ。

「ベイマックス」は、幼くして両親を亡くし、唯一の理解者であり最愛の存在であった兄タダシをも謎の事故で亡くしてしまったひとりぼっちの天才少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”の絆と冒険を描いた感動アドベンチャー。

舞台である架空都市“サンフランソウキョウ”には、徹底的に研究された日本文化の魅力が随所に反映されており、日本で実施されたワールド・プレミアでも話題を集めた。「アナと雪の女王」で数々の歴史を塗り替えたディズニー・アニメーション・スタジオ最新作としての注目度も高く、その品質の高さは、数々の賞へのノミネーションでも実証済み。今後の賞レースはじめ、「ベイマックス」の今後から目が離せなそうだ。