超巨大エンターキー「BIG ENTER」

写真拡大

超巨大エンターキー「BIG ENTER」の先行販売が開始された。パソコンのUSBポートに接続すると、ふつうにENTERキーとして使用できる商品だ。先着200個の限定生産となっている。

エンターキーのサイズは通常の約6倍。開発経緯は、開発元である株式会社ハイの社畜社員・羽馬英作さんが、あまりのストレスで通常のキーボードを強く叩きすぎて破壊しまったのがきっかけだという。

枕としての利用も可能


「BIG ENTER」はスポンジ素材を用いているため、枕としての利用も可能だという。

ストレス解消のために思いっきり「カタカタカタカタカタカタカタ……ッターン!」と叩く以外にも、オフィスで寝たり、デスクで寝ることまで考えて設計されているようだ。

これにより家に帰る必要がなくなり、朝まで働くことを可能にし、圧倒的な成長を見込めるライフハックを実現できるそうだ。

「BIG ENTER」使用手順


howenter1


howenter2


howenter3


howenter4



先行販売は特設サイト上で実施。限定200個の限定生産となっているため、早めに注文しておきたいところだ。