群馬大病院 過去5年間の開腹手術で10人死亡していたと判明

ざっくり言うと

  • 群馬大病院で、腹腔鏡を使った肝臓切除手術を受けた患者8人が死亡した問題
  • 肝臓の開腹手術でも、過去5年間で10人が死亡していたことが22日、わかった
  • 腹腔鏡手術をしたのと同じ第2外科が担当しており、死亡率は1割を超えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング