アジア発のメッセージアプリにも似た機能だ

MTI2NzkxMjg3NzAwNDk0ODE0

フェイスブックのMessengerアプリで共有する写真をステッカーで飾ることができるようになった、とフェイスブックが金曜日に発表した。

関連記事:フェイスブックが「Messenger」アプリを強制

「Stickered For Messenger」と呼ばれる軽量なこのアプリは、金曜日にAndroid版が公開され、iOS版も「間もなく」利用可能になる予定だという。年末のホリデーシーズンのタイミングということもあって、クリスマスや新年向けのステッカーなども用意されている。

Stickered For MessengerはユーザーのMessengerアカウントにリンクしており、加工後の写真を友だちに直接送ることができる。このアプリは今のところ他のプラットフォームをサポートしていないが、作成した写真はカメラロールに保存することができるため、間接的にそれを他のプラットフォームで共有することも可能だ。

フェイスブックが東洋からインスピレーションを得ているかは定かではないが、写真のステッカー機能はアジア発の機能であり、LINEなどのアジアのメッセンジャーアプリで一般化されたことは否定できない。無料のチャットアプリLINEはユーザーへのステッカー(スタンプ)セットの販売で利益を得ているため、フェイスブックもこのモデルを真似することが賢明だろう。

トップ画像提供:Facebook

Lauren Orsini
[原文]