●原画売りの少女

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©「SHIROBAKO」製作委員会
<キャスト>
宮森あおい、ミムジー&ロロ:木村珠莉
安原絵麻 :佳村はるか
坂木しずか:千菅春香
藤堂美沙 :睫酲稟
今井みどり:大和田仁美
高梨太郎 / タロー:吉野裕行
本田豊:西地修哉
矢野エリカ:山岡ゆり
落合達也:松岡禎丞
瀬川美里:山川琴美
遠藤亮介:松本忍
木下誠一 / 木下監督:檜山修之
山田昌志:浜田賢二
円宏則:斎藤寛仁
下柳雄一郎:間島淳司
井口祐未:沼倉愛美
内田茜:高橋李依
渡辺隼 / ナベP:松風雅也
丸川正人:高木渉
杉江茂:小柳基
稲沢良和:岩田光央
佐倉良樹:高梨謙吾
新川奈緒:日野まり
堂本知恵美、中田恵理:伊藤静
興津由佳:中原麻衣
小笠原綸子:茅野愛衣
森しのぶ:高橋李依
相馬りな:田村ゆかり
縦尾まり:横尾まり
遠藤の妻:橋本ちなみ
宮森かおり:森谷里美

●ストーリー
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・
●オープニング
最終話絵コンテも仕上がり、原画担当の割り振りを決めている最中の宮森あおい。

宮森あおい「あと27カット!」

しかし、それが出来る原画担当が見付からない状態。さあ、どうする宮森あおい!
●原画売りの少女
宮森あおい「見付からない〜!」

宮森あおいは片っ端から知り合いを当たるだけ当たるも全て断られ、

矢野エリカ「自称絵が上手いって人はいくらでもいるけど、そういう人に頼んで困るのは自分だよ!」

※実際、原画時点で作画崩壊してしまい作画監督以降が滅茶苦茶になるなってことは少なからずあるみたいです。今回のサブタイトル「原画売りの少女」というより「原画買いの少女」の方があっているような…。

ちなみにアニメ制作会社「ザ・ボーン」ですが、宮森あおいが入社試験を受けたものの不採用だったところ。そのた良い思い出が無いみたいです。それでも彼女は武蔵野アニメーションへ入社出来たのですから、大したものです。

※なお、筆者(清水サーシャ)は面接で200社以上落ちた事があります。

宮森あおいが足を頼りに原画担当を探しにいくも、どこも断られてしまい…。
●面接担当
興津由佳「今度、制作進行を採用するので宮森さん、面接官を担当して下さい。」

1年目の宮森あおいにとって大任でありますが、それは会社が彼女を信用している証拠の裏返し。

それにしても応募者ですが殆どが見た瞬間駄目そうな方だらけ。その中で何とか選ばれたのは元気の良い同人誌が趣味の女の子。

自分が面接を受けたときの経験、宮森あおいにとってそれが思い出されたようで…。
●熱意
矢野エリカの様子がおかしいです。

丸川正人「矢野君のお父さん、入院してるんだよ。」

彼女の実家が宇都宮、そのため高梨太郎の送迎により自動車で深夜直行する事に!

矢野エリカの制作進行の穴、そこで宮森あおいは何かを閃き、麻雀店へ!

宮森あおい「渡辺さん、アニメーター紹介して下さい!」

深夜12時、彼のオフに割り込んでまでの熱意。彼女の熱意に負けて、有名なアニメーターを紹介してもらう事に成功!

「SHIROBAKO」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

【関連記事リンク】
【アニメ】「SHIROBAKO」第10話「あと一杯だけね」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第9話「何を伝えたかったんだと思う?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第8話「責めてるんじゃないからね」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第7話「ネコでリテイク」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第6話「イデポン宮森 発動編」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「SHIROBAKO」TVアニメ公式Webサイト
「SHIROBAKO」AT-X公式Webサイト