hair&make upパーソナルカラー学3

色は太陽の光に影響。冬は落ち着きカラーが好感度大!

2回目までは、ヘアカラーについて学んでみました。3回目からは、『自分に合うメイクの色選び』について髪色や肌色、メイクなどでパーソナルカラーを研究している中川登紀子さんに伺ってみましょう!

季節も関係する色と太陽の関係

一種です。光そのものに色があるわけではないのですが、光が目に入ると、その光の強さや波長などを感じ取って、脳の中で「色」として変換するのです。屈折率や波長などで明るい色になったり、暗い色になったりします。

夏は、ヴィヴィッドな原色や明るい色を着る人が多いのは、日が長く、太陽の位置が高く、色調をよりはっきりと美しく見せる効果があるからです。アフリカなど南国でヴィヴィッドな色が好まれるのもそのためです。

逆に冬は日が短く、太陽の位置も低く、明度が低く、グレーシュな風景が多くなります。これも太陽の光が影響しているのです。

冬は風景に馴染む同系色メイクが好感度大!

こういった冬の時期、ヴィヴィッドな色をファッションで使うと個性的で、印象的にみえます。メイクでも同じ効果はありますが、肌や髪をキレイにみせるなら、ヴィヴィッドな色や明るい色よりも同系色や落ち着いた色でまとめるのが季節感にも合い、多くの人から好印象に見られるメイクになります。

 

ブラウンや少し明度が落ちた色調のものを選ぶといいでしょう。

 

パーティーなどで目立ちたい、人と違う印象をプラスするときには、ヴィヴィッドなメイクも効果的です。ですが、ホームパーティなどは、蛍光灯よりも暖色系の色の落ち着いた光で行うことが多いので、そういう場面では、やはりちょっとシックなブラウン、リップも青みがかったピンクよりもコーラル系のほうが、マッチするはずです。

 

 


この記事の監修
中川登紀子(なかがわ・ときこ)

【略歴】美容教育研究所 代表
東京大学工学部を経て東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修士課程修了。外資系化粧品メーカー3社にて頭髪用香粧品の研究開発やマーケティングに従事。傍ら色彩学、ファッション、メイクアップなどを学ぶ。2010年独立し、パーソナルヘアカラー研究所(現合同会社美容教育研究所)を設立。美容教育研究所

LET'S TRY 即実践のコツ

好感度アップするメイクの色選びのコツ

  • 01.肌や髪をキレイにみせるなら、も同系色や落ち着いた色で

  • 02.ブラウンや少し明度が落ちた色調のものが好感度大

  • 03.ヴィヴィッドなメイクは明るいパーティ会場でマッチ

  • 04.ホームパーティは暖色系メイクが好感度アップ!